無料の会員登録をすると
お気に入りができます

千波式ストレッチ&エクサでたるみやすい二の腕裏をほっそりと引き締める!

インスタグラムやブログなどで、数々のダイエット情報を公開している、人気美容家&ダイエットコーチの千波さん。今回は、日常生活の動作だけではなかなか鍛えることのできない二の腕の裏側の筋肉を引き締める、ストレッチ&エクササイズを教えていただきました。

千波 Chinami

美容

ふだん、使われていない二の腕裏の筋肉を目覚めさせる!

二の腕にだる~んと乗っかる、振りそで肉。この肉があると、上半身にボリュームがあるように見えて、全体的に太って見えることも。薄着になる季節がやってくる前から、コツコツと引き締めるターゲットにしたいのが、二の腕裏のぜい肉です。

「荷物を持ったり、子どもを抱いたりするなど、腕を前後に曲げる動きは、日常の中でも十分足りています。案外、力こぶはしっかりついている、という人も多いはず。でも、そこばかり使っていると肩が張ってきて、そのぶん、使われていない二の腕の裏側がたるんできます。まずはストレッチで、二の腕の筋肉をほぐしましょう」(千波さん)

バンザイストレッチ

衰えやすい二の腕うしろの「上腕三頭筋」を伸ばすストレッチです。

1) あぐらをかいて床に座ります。腕を上にあげ、右手で左手首を持ち、上に引っ張ります。肩甲骨まわりがかたいと、思うように腕が上がらず、腕が耳より前の位置に来てしまいがちです。できるだけ頭のうしろで伸ばすようにしましょう。

2)手首を持った右手で左腕を右側に引っ張り、二の腕がしっかり伸びていることを意識します。伸ばした左腕を頭で押すようにすると、さらにストレッチされて効果的。反対側も同様に。

二の腕前のストレッチ

肩まわりを柔軟にすると同時に、たるみやすい二の腕の裏をストレッチし、すっきりさせます。

床にあぐらをかいて座ります。体の前で伸ばした左腕を右ひじで抑えて、自分の体のほうに引き寄せます。そのまま30秒。伸ばした腕は、なるべく床と平行になるようにし、反対側も同様に行います。

ストレッチのあとは、エクササイズで筋肉を引き締めていきましょう!

運動量が少ない二の腕には「ひねり」が有効!

二の腕の裏側は、腕をうしろに引いたり伸ばしたりすることで使われますが、日常ではそのような動作が少ないため、ふだんあまり使われない場所。そのため、腕の曲げ伸ばしだけでは、振りそで肉のある二の腕の裏側の筋肉に効かせるのは難しいもの。そこで千波さんが提案してくれたのは「ひねる」という動きです。

「ふだんほとんど使われていない二の腕ですが、回旋というひねりの動作を加えることで、たるんだ部分に効かせることができます」(千波さん)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ