無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お使いのブラウザは現在サポートされていません。

一部の機能が正しく動作しない、表示が崩れる可能性があります。

より快適にご利用いただくために、ブラウザをアップデートしてください。

大和撫子は言葉使いも美しい♡正しい日本語を身に付けたい10の理由

正しい言葉使いは自分自身を磨き、周囲の世界すら変えるパワーを持っています。美しい日本語を身に付けたい理由と、そのためのとっておきの方法をご紹介します。

ライフスタイル

⑥美しい話し方が身に付く

「相手が聞き取りやすいように、理解しやすいように」と考えていると、声のトーンや話す速度にも注意を払えるようになります。

⑦自分自身の品格が高まる

「ちょっと」ではなく「少々」、「やっぱ」ではなく「やはり」。美しい日本語を使いこなすことで、あなた自身の品格が高まります。

⑧自立した大人の印象がつく

美しい日本語を上手に選べる人は、きちんと自立している大人の女性という良い印象がつきます。

⑨常識人として認識される

言葉遣いが美しいだけで、「常識がある人」「聡明な人」と認識されることが多いようです。少しでも自分の欠点をカバーしたい人は、言葉で美の面を被ってしまうのもひとつの手。

⑩自分に自信が持てるようになる

美しい日本語を遣うよう心掛けるだけで、相手に対する心持ちや姿勢、話し方などさまざまな変化が現れます。ブラッシュアップした自分自身に、プライドをもって生きられるようになります!

一歩先行く言葉遣い「大和言葉」

基本的な尊敬語、丁寧語、謙譲語やビジネスマナーが既に身についている人は、一歩先行く「大和言葉(やまとことば)」にトライして。漢語やカタカナ語よりも、柔らかい雰囲気が出せるのが特長です♡

記事に関するお問い合わせ