無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お使いのブラウザは現在サポートされていません。

一部の機能が正しく動作しない、表示が崩れる可能性があります。

より快適にご利用いただくために、ブラウザをアップデートしてください。

大和撫子は言葉使いも美しい♡正しい日本語を身に付けたい10の理由

正しい言葉使いは自分自身を磨き、周囲の世界すら変えるパワーを持っています。美しい日本語を身に付けたい理由と、そのためのとっておきの方法をご紹介します。

ライフスタイル

「お力添えをお願いします」

「ご協力お願いします」は、今日から「お力添え(おちからぞえ)をお願いします」にチェンジ!堅苦しい言葉が、優しい印象になりました。

「いつもお引き立ていただきありがとうございます」

デキる大人は、「いつもお世話になっております」ではなく、「いつもお引き立て(おひきたて)いただきありがとうございます」へ。一段と気持ちがこもった言い方です。

「私には荷が勝ちます」

キャパ超えの仕事を任されて断りたい時は「無理です、できません。」と言うよりも「私には荷が勝ちます」の大和言葉が◎

言葉遣いをブラッシュアップ!

「用件が伝わればそれでよい」と思っている方は今日からその考えを改めてみましょう!美しい言葉遣いで一番大事なことは、どんなシーンでも相手への思いやりを忘れないことです♡

記事に関するお問い合わせ