無料の会員登録をすると
お気に入りができます

意外に良コスパ!大人の女子旅は「クルーズ」が大本命♡7つのメリットを解説

いま世界中のトラベラーに人気のクルーズ旅。意外にもコスパと時間効率に優れた旅のスタイルなんです。LOCARIの旅好き編集Mが、クルーズ旅を楽しみ尽くす方法を徹底解説します!

写真/川原崎宣喜 取材・文/LOCARI編集部

2019年3月
旅行・おでかけ

世界のトラベラーに大人気のクルーズ旅!

海外旅行でいろんな国に行ってみたいけど、交通手段やホテルの手配、移動時間のことを考えるとハードルが高い...。そんな人にこそおすすめなのが、いま世界中のトラベラーに人気のクルーズ旅。日本ではまだ一般的ではないものの、実はとても便利でコスパも良い旅のスタイルなんです!

大人女子の旅に必要な条件は?

☑️非日常、ラグジュアリーな体験
☑️移動時間をムダなく過ごせるか
☑️フォトジェニックな風景
☑️コストパフォーマンスの高さ
☑️美味しいグルメ
☑️セキュリティの高さ

これらが全部備わっているのが、実は「クルーズ旅」なんです!

アジア初のプレミアムラインとして2016年に誕生した「ドリームクルーズ」は、クルーズが初めての女性におすすめ。「クルーズは敷居が高い」「船旅は時間がかかる」という今までのイメージを覆す、忙しい女性にこそおすすめの旅のスタイルなんです!

「クルーズ旅行って高いんじゃない?」実はコスパ最高なんです!

今回ご紹介する「ドリームクルーズ」のプレミアム客船「ゲンティン ドリーム」の場合、シンガポール発着でペナン・プーケットを経由する3泊4日のクルーズが含まれる6日間のコースが2019年4月〜10月の販売プランで128,000円~378,000円(料金は客室カテゴリーと出発日によって異なります)。
この中に下記の料金が含まれています。

☑️羽田ーシンガポールの往復航空券(シンガポール航空または全日空利用)
☑️シンガポールでの往復空港送迎と半日観光
☑️「ゲンティン ドリーム」キャビンの宿泊3泊4日(1日目と5日目は機中泊)
☑️無料レストランでの食事、コースに含まれる飲物、施設内のセルフサービスの飲物
☑️船内のエンターテイメント、ショー(一部有料)
☑️プール、ジム、ロープコースなどの施設利用料
☑️各種イベント、アクティビティ(一部有料)

同じ日程ですべて飛行機移動、ホテルを各都市で自己手配した場合、移動費や宿泊費のコストだけでもクルーズの総額と同等になります。すべてLCCや格安ホテルで賄えばコスト的には安くつくかもしれませんが、各空港への移動時間やフライトの乗り継ぎ時間などを考えると現地で十分な滞在時間が取れないことも考えられます。クルーズ旅なら、短いお休みでも時間を最大限に活用して、たくさんの寄港地を観光できるのが特徴。だから、世界のトラベラーに人気なんです!

ドリームクルーズ 公式サイト
現在販売中のツアーは「クルーズプラネット」をチェック!

クルーズ旅7つのメリット

1.船上の非日常な体験

999席の「ゾディアックシアター」で上演されているショー"SONIO"

動く「5つ星ホテル」とも言われる15万トンのプレミアム客船「ゲンティン ドリーム」。船の中には8タイプの客室があり、35以上のレストラン&バーや洋上最大級のスパ、ダンスショーやライブなど本格エンターテインメントを楽しめるシアター、DJプレイを楽しむ屋外クラブまであります! 移動時間が自由時間になるのは最大のメリット。船上で様々な体験ができるので、遊び尽くしている間に寄港地に着いてしまいます!

2.バラエティに富んだ寄港地

シンガポールのシンボル、マーライオンパーク。

シンガポール発着の「ゲンティン ドリーム」は、プーケットやペナン、ランカウイといった人気の観光地に行くクルーズがあります。寄港地ではそれぞれ6〜8時間程度の自由時間があるので、人気の観光名所を回ったり、グルメやショッピングを楽しむことができます。

ペナンの観光名所「チョン・ファッ・ツィー・マンション」

ビンタン島やマラッカ、クアラルンプールに行く2泊3日のショートクルーズなどバラエティに富んだ寄港地も魅力です。スーツケースを船内に預けたまま複数都市を観光できるので、ストレスフリー!

3. 圧倒的なコストパフォーマンス

写真は最大定員3〜4名のバルコニーステートルーム。

「ゲンティン ドリーム」のクルーズには客室、1日最大6回の食事、寄港地への移動費用、ショー、施設の利用費用などが含まれており、1泊1万円代〜という圧倒的なコストパフォーマンスなんです。クルーズだからこそ実現できるコスパ抜群のラグジュアリー体験が一番の魅力。

インターナショナルビュッフェ「リド」も無料♡

朝食/昼食/夕食に加えて、モーニングティー、アフタヌーンティー、24時間の軽食サービスで利用できる無料レストランがあるのもクルーズ旅のメリットです。

マレーシアの朝食の定番「ナシレマ」
インドスタイルの朝食プレート

こちらの「リド」は、世界各国から乗船するゲストの嗜好に合わせたインターナショナルな料理を提供するビュッフェ。世界旅行気分で各地のご当地料理を楽しめます。

4.世界の美食が集まるレストラン

シーフードグリル&プライムステーキハウス by マーク・ベスト

せっかくのクルーズだから、豪華なディナーも味わいたいですよね。そんなシーンに使えるのが、オーストラリアのセレブリティシェフ、マーク・ベストの洋上初のレストラン。そのほか中華、日本食、火鍋など様々なレストランが営業していて、トップシェフを招いたイベントを開催することもあるそう。クルーズ通の中には、料理を目的に乗船する人もいるのだとか。

コース SGD 48/シーフードグリル&プライムステーキハウス by マーク・ベスト

前菜、スープ、メイン、デザートのコースより。メインはオーストラリア産プレミアム和牛のステーキ。食の安全に関心の高い、舌の肥えたゲストも満足させるトレーサビリティを徹底したレンジャーズバレー牛肉を使用しています。

シーフードプラッター SGD 168/シーフードグリル&プライムステーキハウス by マーク・ベスト

このレストランの看板メニュー「シーフードプラッター」は、エビ、カニ、ホタテ、牡蠣のフリッターの豪快な盛り合わせ。生レモンを絞って食べると白ワインが止まらなくなる美味しさです♡

船内には焼きたてのパンが食べられるベーカリーもあります。ちょっと小腹が空いた時のおやつにぴったりのマフィンやペストリーが豊富。こちらのベーカリーで提供されているのはシンガポールのブランド「TWG」の紅茶。雰囲気はカジュアルでも、食のクオリティへのこだわりが感じられます。

その他、ジェラテリアやアジアンフードを楽しめる屋台風レストラン、本格的なバーエリアもあり、1日中様々な食を楽しめます。ちょっと酔っ払っても、船内のバーならすぐに部屋に帰れるので安心してお酒を楽しめますね。

5.フォトジェニックな風景

船内のいたるところにおしゃれなチェアやソファ、ジャグジーなどがあり、写真映えするスポットがたくさん!抜けるような青空と海の上の開放感はたまりません。船の上から眺めるサンライズ&サンセットの美しさにも感動します。

6. 最高級のホスピタリティ

ハネムーンや家族旅行、友人との女子旅など、幅広いニーズに対応できるのも「ゲンティン ドリーム」の魅力。ノープランでクルーズに出かけても、船内での様々なアクティビティや寄港地でのガイドツアーなどに参加が可能なので忙しい人も安心!

7. 女性同士でも安心なセキュリティ

クルーズ内のイベントや寄港地の情報を検索できる専用アプリや宿泊者向けの船内新聞も便利!

自己手配の海外旅行だと、土地勘がなく治安の悪い場所のホテルを予約してしまったり、空港までのアクセスが悪かったり、レストランの予約が難しかったり...など不安も尽きないもの。「ゲンティン ドリーム」には日本人スタッフも乗船しているので、言葉の心配をすることなくさまざまな旅の相談ができます。

ホテルと移動手段が一体となったクルーズなら心配無用。バーやクラブもあるのでナイトライフも楽しめます。船内は専用のアクセスカードで決済できるので、財布を持ち歩く必要もありません。

次の女子旅はクルーズ旅が大本命!

旅好きの大人女子なら絶対見逃せない「クルーズ」旅。行きたい観光地がたくさんあったり、エンタメやグルメが大好きな人には特にオススメです。船での移動がとても快適なので、おしゃれを思いっきり楽しんだり、子供や両親などと一緒の家族旅行でもそれぞれにあった楽しみ方をすることができます。ぜひ、次の旅の候補に加えてみてくださいね!

次回はLOCARI編集部が実際に乗船した「ゲンティン ドリーム」の旅をレポートします。発着地のシンガポール、寄港地のペナン、プーケットで立ち寄りたい観光スポットやグルメ情報と合わせてチェックしてみてくださいね!

記事に関するお問い合わせ