無料の会員登録をすると
お気に入りができます

毎日をシンプルに暮らす「小さな行動集」

貯蓄の達人たちの暮らしを取材すると、ほとんどの人が”シンプルな生活”をしていることが判明。一体どんなことをシンプルにすれば貯まる人になれるのでしょうか。シンプル習慣を身につける方法を教えます!

ライフスタイル

(4)「家族の段取り」をシンプル化

家事の段取りがシンプルなら、時間も手間も省力化できます。毎日が笑顔になるから、貯める意欲がわいてきますよ。

【やめること】
□洗濯物をすべてきちんとたたむのをやめる
下着類、ジャージ、タオルなどしわが気にならない物はざっくりたためばよし。キレイにしまうことにこだわるのはやめましょう。

□毎日頑張って掃除するのをやめる
掃除は1日15分、集中してすることをルールに。完璧をめざさず「人が暮らしていれば散らかるのは当たり前」くらいにラク~に考えても。

□残り物をやたら冷凍するのをやめる
残り物をなんでも冷凍すると、冷凍化石が増えるだけ。翌日の朝食やおべんとうで食べ切ったり、作る量を加減して残さない工夫を。

【やること】
□休日、出かける前に炊飯器のタイマーをセットする
「疲れたから外食したい」ときでも、「家に帰ればご飯が炊けてる」と思えば、外食の誘惑に負けません。〝お疲れ外食〞はこの手で防止。

□家事をするときはタイマーをセットする
家事は時間を決めないとダラダラしがち。タイマーをセットして、時間内に終わらせることを決めると、テキパキと片づきます。

□きのこは買ったらすぐに冷凍する
きのこ類は意外といたみやすいので、石づきを取り、小房に分けて冷凍。日もちするだけではなく、袋から出すだけですぐに使えて便利。

□古いふきんや肌着を使い捨てできるぞうきんにする
古布は使いやすいサイズにカットして、すぐ手の届く場所で待機。ちょこっと拭きにティッシュやペーパータオルを使わずにすみます。

□使わない保存容器を捨てる
使わずに持っているだけの保存容器は思い切って処分。ニオイがついている、ふたがぴっちり閉まらない、変色している物はサヨナラ!

□その日の食器はその日のうちに洗う
疲れたからとシンクに洗い物をそのままにして寝ると、翌朝のテンションが急降下。「その日の洗い物はその日のうちに」でやる気もキープ。

□お出かけ前に掃除をする
帰宅したとき家の中が散らかっていると、気分がダウン。散らかっている様子を想像しただけで帰るのがイヤになり、寄り道→ムダ買いに。

まずはできることから始めてみましょう。そうすれば、いつの間にかシンプル習慣が身について、ラクに貯まる人になっているはずですよ。

参照:『サンキュ!』3月号「無理なく貯めている人は、超シンプル」より。掲載している情報は19年1月現在のものです。監修/丸山晴美 構成/竹下美穂子  取材・文/村越克子 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ