無料の会員登録をすると
お気に入りができます

一生心に残るものだから♡子どもに伝えたい言葉10選

子どもは小さくても、大人の言うことをよく聞いています。親が言ってくれた温かい言葉を心の中で大切にしながら成長し、大人になっても覚えていることもあるのです。子どもに伝えたい素敵な言葉を集めました。

ライフスタイル

「生まれてきてくれてありがとう」「あなたが生まれてきてくれて、本当に幸せだよ」子どもがくじけそうになったときも、親からもらった大切な言葉と愛情が、心を支えてくれるはずです。

毎日でも届けたい言葉

5.「あなたならできる」

子どもは初めて経験することが多いので、毎日何かとの挑戦です。ときには臆することもあるでしょう。そんなときは「あなたならできる」と伝えてあげましょう。背中を押す言葉です。

もちろん、できなかったからと言って、何度もこの言葉をかけて無理強いさせる必要はありません。一度でできなかったら、また今度でも良いのです。親の信じる気持ちが、子どもの勇気に繋がっていきます。

6.「よく頑張ったね」「すごいね」

子どもが何かを頑張ったときには、「頑張ったね」「すごいね」と褒めましょう。大切なのは、結果だけでなく過程もしっかり褒めること。かけっこで1番になったことだけでなく、一生懸命走ったことを褒める、というように。

結果が出る前の過程も褒めることで、子どもは自分の頑張りが認められてうれしく思うはず。

7.小さなことにも「ありがとう」

子どもがお手伝いをしてくれたり、お絵かきなどのプレゼントをくれたりと、親を喜ばせようとしてくれることもあるでしょう。自分のためにしてくれたら、どんなに小さなことでも「ありがとう」と伝えましょう。

何気ないことでもお礼を伝えると、子ども自身も感謝される喜びを知り、相手にもきちんと「ありがとう」を伝えようと思うはず。感謝できる人の周りには優しさがあふれていきます。

子どもがつらいときに伝えたい言葉

8.「いつでも味方だよ」「信じてるよ」

子どもがトラブルに巻き込まれたり、責められたり、つらい思いをすることもあるでしょう。どんなときでも、親だけは子どもを信じていたいもの。そんな強い意思を子どもに伝えましょう。

「いつでも味方だからね」、「何があっても信じてるよ」。親が信じている心強さで、子どもは困難にも立ち向かっていけるのです。まっすぐに育ってくれる、そんな言葉になるはず。

記事に関するお問い合わせ