無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お使いのブラウザは現在サポートされていません。

一部の機能が正しく動作しない、表示が崩れる可能性があります。

より快適にご利用いただくために、ブラウザをアップデートしてください。

ひと手間で格段においしくなる♡毎日の料理をおいしくするコツ8選

いつも作っている料理も、ちょっとだけ工夫することで、もっとおいしくなるんです。そこで、ひと手間で料理を格段においしくする方法をご紹介します。

レシピ

4.野菜炒めの野菜は下茹でするとシャキシャキ

野菜炒めを作るときは、炒める前に野菜を下茹でしましょう。水分が外に出ず、シャキシャキ食感に仕上がります。うまみも外に出ないので、野菜の甘みもしっかりと感じられる味わいに。

お湯を沸かして火を止めて、野菜を湯通し。火が通りづらい野菜は30秒、火が通りやすい野菜は10秒ほどでOKです。あとはいつもの手順で野菜を炒めれば、シャキシャキッとおいしい野菜炒めの完成です。

5.肉を柔らかくするのは「さしすはこ」

肉を柔らかくしたいときに使えるのが「さしすはこ」。「さ」は砂糖。肉に砂糖をまぶして揉み込むだけで、柔らかくなります。「し」は塩。肉の分量に対して1~2%の塩を入れた水に2時間ほど浸け置きすると◎。

「す」は酢。酢にはたんぱく質を分解する酵素があり、肉を柔らかくします。火を通せば酸味も飛ぶため、味にも影響はありません。他にも甘辛い味付けにするなら、「は」のはちみつを絡めたり、「こ」のコーラに漬け込むことでも柔らかくなりますよ。

6.肉も魚も野菜も冷たいフライパンから焼く

食材を焼くときに、熱したフライパンに油を引いていませんか?おいしく仕上げたいなら、冷たいフライパンに油を引き、食材をのせてから、焼くのがベターです。こうすることで肉や魚が固くなりません。

加熱するときも弱火で調理。じっくり火を通すことで、食材のうまみが引き出されます。

ご飯・麺料理もおいしさアップ

7.水漬けパスタでもちもち&時短に

パスタの麺を茹でる代わりに、水に2~3時間漬けると、まるで生パスタのようなもっちもちの食感になります。

水に漬けた麺は、パスタソースを和えて、火を加えて仕上げればOK。麺を茹でなくても良いので、時短にもなりますよ。

8.オムライスはケチャップと具材を炒める

オムライスのケチャップライスを作るときにも一工夫。ライスの具材を炒めたら、ご飯を入れる前にケチャップを加えるのがポイントです。ご飯を入れたあとにケチャップを加えると、水分でべちょべちょになってしまいます。

記事に関するお問い合わせ