無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ひと手間で格段においしくなる♡毎日の料理をおいしくするコツ8選

いつも作っている料理も、ちょっとだけ工夫することで、もっとおいしくなるんです。そこで、ひと手間で料理を格段においしくする方法をご紹介します。

2019年3月
レシピ

料理は“ひと手間”でおいしくなる♡

難しい手間やコツは必要ない!

いつも作っている料理でも、ちょっとした工夫で格段においしくなることをご存じですか?しかもプロフェッショナルなワザや、難しい工程は必要ありません。たった“ひと手間”です。

Photo by Chinh Le Duc / Unsplash

そんな毎日作る料理を格段においしくする“ひと手間”をご紹介します。

料理の基本中の基本

1.調味料は「さ→し→す→せ→そ」の順番に入れる

調味料の基本と言えば、砂糖、塩、酢、醤油、味噌の「さしすせそ」。調味料を複数入れるときの順番も「さしすせそ」なんです。

砂糖や塩は先に入れることで、味が染みこみます。酢や醤油、味噌は後から入れることで風味が飛ばず、おいしく仕上がります。調味料を入れる順番にこだわるだけでも、いつも以上においしくなるでしょう。

基本をおさらい♡料理の基本「さしすせそ」で料理上手になる方法

調味料の「さしすせそ」といえば、料理の基本ですよね。調味料の名前は言えるかもしれませんが、それぞれどう使うのかきちんと知っているでしょうか。そこで、今さら人には聞けない、調味料の「さしすせそ」について解説します。
425

2.よく切れる包丁を使う

切れにくい包丁だと、食材の断面がガタガタになり、うまみが飛んでしまいます。よく切れる包丁を使うだけでも、食材本来のおいしさを引き出せるのです。

また包丁を使うときに、上から押すように刃を当てると、食材の細胞がつぶれてしまいます。手前に引くように切ることで、細胞も潰れず食材のおいしさもそのまま残せますよ。

毎日レシピをおいしく仕上げるには…

3.味噌汁はすりこぎ&隠し味にヨーグルト

味噌汁を作るときは、味噌を溶かし入れる前に、すりこぎですると風味が引き立ちます。

さらに味噌にヨーグルトという意外な組み合わせも。ヨーグルトも合わせてすりこぎですることで、まろやかで余韻のあるうまみを引き出せるので、ぜひお試しあれ。

記事に関するお問い合わせ