無料の会員登録をすると
お気に入りができます

いつもニコニコしている女性になりたい♡穏やかな心を保つためのヒント7選

いつも笑顔を絶やさず物腰が柔らかい女性は、歳を重ねても魅力的ですよね。しかしそうなりたいと思っていても、ついイラッとしてしまうこともあるのではないでしょうか?そこで今回は、毎日を心穏やかに過ごすためのヒントをご紹介します。

2019年3月
ライフスタイル

イライラせずに毎日を過ごしたい!

いつも穏やかな女性になりたいと願っていても、実際に笑顔をキープし続けるのは意外と難しいですよね。思わずムッとしたり眉間にシワを寄せてしまって、後で自己嫌悪に陥ったことはありませんか?

確かに、嫌なことが起こるのは避けられないかもしれません。しかしそれに対してどう反応するかは、あなた次第。普段から穏やかに過ごす習慣がついていれば、イライラせず上手く対処することができるのです。

ここでは、穏やかな気持ちを保ち続けるためのヒントをご紹介します。どれも簡単で、今すぐ実践できるものばかりですよ。早速そのヒントをチェックしてみましょう。

①セルフケアを忘れない

心優しい女性は周りのために一生懸命になり過ぎて、自分自身のことを後回しにするケースが多いようです。しかし自分の心と体が健康でなければ、頑張るパワーがなくなってしまいます。

まずは基本的なことですが、十分な睡眠と健康な食生活、適度な運動を心がけてください。余裕があるときは、肌や爪のお手入れも取り入れると良いですよ。周りに優しくするには、自分自身のメンテナンスが不可欠です。

②家を出るまでの流れを決めておく

朝起きてからバタバタしていると、職場や外出先でもその焦った気持ちを引きずりがちです。かといって、睡眠時間を削ってまで早起きをするのは辛いですよね。

少しでも余裕を持てるように、身支度や朝食までの流れを細かく決めておきましょう。マニュアル通りに過ごせばあれこれ考える必要がなくなり、時間がなくても平常心を保つことができるようになります。

③人間関係を見直す

何歳になっても悩むことと言えば、人間関係のこと。自分なりに努力してみても、どうしても合わない人もいるのではないでしょうか?とは言え、それでも付き合い続けなければいけないこともありますよね。

そんなときは3回誘われたら1回は断るなど、少し距離を置いてみましょう。その分大好きな人たちと過ごす時間を増やすようにすれば、ストレスはグッと減るはずです。

④新しいことに挑戦し続ける

特に嫌なことが起こらなかったとしても、毎日同じことの繰り返しではストレスが溜まりますよね。この機会に、何か新しいことを始めてみませんか?習い事や資格取得など、どんなことでも構いません。

「この歳じゃもう遅い」と思うこともあるかもしれませんが、その考えが定着するとどんどんネガティブになってしまいます。何事に対しても積極的に挑戦する方が、毎日を楽しく過ごせるだけでなく若さも保てますよ。

⑤落ち込む自分を否定しない

例えば仕事で上司に注意されたとき、「こんなことで落ち込むなんて情けない」と思ったことはありませんか?しかし嫌なことがあったら悲しくなるのは、ごく普通のこと。その気持ちを否定する必要はないのです。

「もう大人なんだし」と気持ちをしまいこむのではなく、悲しいときは素直に悲しんでおきましょう。どんな自分も受け入れる方が深く落ち込むことが少なくなり、結果的には穏やかな気持ちを保つことができます。

⑥他の人の目線で物事を見る

どうしようもなく辛いことがあったら、尊敬している人のことを思い浮かべてみてください。その人があなたの立場だったら、どんな風に対処すると思いますか?

自分の感情を中心に考えると悲しさが増したり、勢いで間違った判断を下してしまうかもしれません。違う人の目線で自分が置かれている状況を冷静に見てみると、感情的になり過ぎず解決策が見つかりやすくなります。

⑦期待し過ぎない

物事が思い通りにいかないと、どうしてもイライラしてしまいます。例えば職場で自分の努力が認められなかったり恋人が記念日を忘れていたら、がっかりするのと同時にイライラが募りますよね。

心穏やかに過ごしたいのなら、人や物事に過度な期待をするのはやめるべきです。相手の気持ちをあれこれ想像するよりも、今自分ができることに全力を注ぐようにしてみてくださいね。

あるがままに受け入れて♡

もちろん元々の性格によって多少の差はありますが、イライラしたり落ち込むことがあるのは誰でも同じ。その気持ちを上手くコントロールできるかどうかが、穏やかで魅力的な女性になるための決め手となるのです。

イラッとしそうになったら無理に笑顔を作ってやり過ごすのではなく、自分はどうしたいのか考えてみてください。自分の心の声に耳を傾けてあげることが、心の平和につながります。

記事に関するお問い合わせ