無料の会員登録をすると
お気に入りができます

意外に簡単!これならできる!手軽にすばやく取れる「だし」のとり方

レシピ

自分でだしをとったほうがおいしいとわかっていても、なんだか難しそう…。そんなふうに思っている人も多いのでは? そこで今回は、手早くできる「合わせだし」のとりかたを料理研究家の北山みどりさんに教えてもらいました。自分でとっただしはそのまま飲んでもおいしい! あわせて野菜だしのとり方も教えてもらいました。

北山 みどり

「合わせだし」をパパッととる方法

「本格的な和食を作りたいというときのために家庭科の授業で習ったようなきちんとしたやり方を覚えておくのも大事。でもふだんは、パパッと手早く、で十分です。なによりも“自分でだしをとる”ということが大切なんですから」と北山さん。

そこで「パパッとできる」昆布とかつおの合わせだしのとり方を教えてもらいました。

〜作り方〜

(1)水1Lに対してかつおぶしと昆布それぞれ25g用意します。

(2)鍋に水とぬれふきんで汚れを取った昆布を入れ、30分以上置いておきます。

(3)(2)を中火にかけ、沸騰直前に昆布をひき上げます。

(4)(3)の鍋にかつおぶしを全部入れ、すぐに火を止めます。
4〜5分そのまま置いておきます。

(5)ペーパータオルを敷いたざるでこして、できあがり。このとき、かつおぶしを絞るとかつおのえぐみが出てしまうので、絞らずに、そのままだしが切れるのを待つのがポイントです。

健康・美容効果のほか癒し効果も!さらに簡単!ボトルで作る「水出しだし」

鍋も火も使わず、材料をボトルに入れて冷蔵庫にひと晩入れておくだけでできるだしもあるのだそう。

北山さんによると「水出しのだしは時間をかけてうま味を抽出するので、火にかけてとっただしとくらべると、さらっとしているのが特徴」とのこと。こんなに簡単なのに、十分おいしいだしがとれます。

〜作り方〜

(1)水1Lに対してかつおぶしと昆布それぞれ10g用意します。
(2)容器にすべての材料を入れ、冷蔵庫でひと晩(6時間程度)寝かせればできあがり。こし器のついている容器を使うと便利です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ