無料の会員登録をすると
お気に入りができます

家族みんなに大ヒット♡おかずにもお弁当にも♡即席「無限レシピ」10選

「無限ピーマン」でお馴染みの無限レシピ。箸がとまらないほど美味しくて、無限に食べられてしまうことがネーミングの由来です。今回は無限ピーマンの美味しさに並ぶ、注目度大な無限レシピをご紹介! 

2019年3月
レシピ

ごはんにもパンにもお酒にも合うんです!

oceans-nadia.com

無限レシピに共通しているのは「無限に食べられる」「野菜をふんだんに使っている」「簡単に作れる」こと。これらをクリアした無限レシピと言えば、みなさんにお馴染みの「無限ピーマン」だと思いますが、新たな無限レシピがどんどん登場中なんですよ。

「無限レシピ」最新版メニュー10

①うまたれキャベツ

oceans-nadia.com

パンチのある味わいに箸がとまらない!

ちぎったキャベツと調味料をポリ袋に入れ、上下にシャカシャカふるだけ。包丁不要&洗い物なし! ごま油やにんにくが効いているから、ごはんはもちろん、お酒のアテにも◎。

詳しい作り方はこちら

②じゃこポンおかか de 無限小松菜

oceans-nadia.com

小松菜×かつお節×しらすで栄養満点!

カルシウムなどの栄養が豊富に含まれる小松菜としらすを使った、無限に食べられる常備菜。かつお節をプラスすることで、旨みがアップします。冷めても美味しいから、お弁当のおかずにも。

詳しい作り方はこちら

③無限にんじん

oceans-nadia.com

定番のキャロットラペに飽きたらぜひ♡

イタリアン風の無限にんじんはパルメザンチーズのコクと香りがポイント。火を使わず、電子レンジで作れるのもうれしい。サンドイッチのフィリングとして、バゲットや食パンに挟んでも美味しいから、たっぷり作るのが良さそう!

詳しい作り方はこちら

④キャベツとウインナーのヨーグルトサラダ

oceans-nadia.com

ヘルシー&スパイシーな個性派コールスロー

マヨネーズを少なめにし、ヨーグルトを足すことでヘルシーに! すりごまとかつお節を加えているから、コクがいっぱいです。カレー粉をプラスしてスパイシーに仕上げても絶品♡ 

詳しい作り方はこちら

⑤おつまみかぼちゃ

oceans-nadia.com

旨みたっぷりでおつまみにも最適!

電子レンジ&ワンボウルでできる、簡単おつまみサラダ。ツナ缶と鶏ガラスープの旨み、マヨネーズのコクが効いています♡ 生の玉ねぎのフレッシュ感と食感はいいアクセントに。

詳しい作り方はこちら

⑥なすごまポン酢

oceans-nadia.com

素麺などのトッピングにもおすすめ♡

なすの大量消費に絶好〜! 味付けはごま油&ポン酢だけなのに箸が止まらない美味しさで、ごはんをおかわりしたくなっちゃいます。揚げ油が少なくていいから、揚げ物を敬遠しがちな人もコレはぜひ挑戦してみて。

詳しい作り方はこちら

⑦ピーマンの塩コンバター

oceans-nadia.com

塩昆布×バターのハーモニーはごはんと好相性!

定番の「無限ピーマン」にマンネリしている人にぜひ作って欲しいのがこちら♡ 塩昆布とバターで味付けすることで、旨み&コクたっぷりに。ピーマンの苦味が軽減され、カサも減るので、ペロッと1袋分の量を完食できちゃいます!

詳しい作り方はこちら

⑧無限もやし カレー風味

oceans-nadia.com

もやしを使うことで節約も叶う♡

リーズナブルなもやしを使った無限レシピは給料日前などに最適。食欲をそそるマヨネーズ×カレー粉の味付けだから、子どもや男性ウケもよし! もやしの水気をしっかり切ると、美味しさアップです。

詳しい作り方はこちら

⑨豆苗とえびせんのサラダ

oceans-nadia.com

「えびせんを入れて大丈夫??」と思う人は、騙されたと思ってぜひ一度は作ってみて。えびの風味がほんのりした味わいは、驚きの美味しさです♡ お好みで、マヨネーズをプラスするのもGOOD!

詳しい作り方はこちら

⑩切り干し大根とツナ塩昆布の無限サラダ

oceans-nadia.com

旨みを吸った切り干し大根の美味しさに感動♡

切り干し大根は事前に水戻しをしないので、栄養も食感も残ったまま! 隠し味のレモン汁はツナのクセを消し、後味をさっぱりさせてくれる効果あり。

詳しい作り方はこちら

簡単&野菜たっぷりなのもポイント!

oceans-nadia.com

野菜を身近な調味料や食材と組み合わせる「無限レシピ」。調味料やプラスする食材には旨みやコクの強いものを選んでいるから、少ない材料でも十分に美味しく仕上がるんです! 作り方はどれも簡単で、その上、野菜がたくさん摂れるから、献立の一品に取り入れてみて。ただし、美味しすぎるから、食べ過ぎには注意ですよ(笑)。

記事に関するお問い合わせ