無料の会員登録をすると
お気に入りができます

もう「寂しい」なんて言わない!心の隙間を埋める6つの方法

普段は大丈夫なのに、ふとした瞬間にわけもなく寂しさを感じたことはありませんか?どうしたらこの寂しい気持ちを上手く乗り越えられるか、この機会に考えてみましょう。

2019年3月
ライフスタイル

寂しい気持ちになるのは何故?

時々ふと寂しくなるのは、何歳になっても経験する感情の1つです。自分は孤独だと感じると気分が沈み、楽しいことを考えるのが難しくなりますよね。

とはいえ、実際に孤独だから寂しくなるというわけでもありません。恋人や友人と一緒にいるときでも寂しさを感じる人はいるし、一人でも人生を謳歌している人もいるからです。

もちろん、どうしても埋められない寂しさもあります。しかし、ほんの少しの心がけだけで気分を明るくすることもできますよ。早速その方法をチェックしてみましょう。

①読書や映画鑑賞をする

特に予定がなくて相手をしてくれる人もいなかったら、さらに寂しくなりそうですよね。1人で気分を紛らわせたいときは、まず映画を見てみましょう。

特におすすめなのが、ワクワクできるアクションやヒーロー物!悲しい結末になることが少ないので、気分転換にぴったりです。

②メールの頻度を減らす

どんなに遠くに住んでいる人とでも気軽に繋がれるメールやSNSのメッセージ機能は、今や私たちの生活に欠かせないものです。しかし、文章だけでのコミュニケーションでは誤解が生じることもあるかもしれません。

その誤解のせいで相手との間に溝ができれば、余計に寂しさを感じることになってしまいます。メールに頼り過ぎず、たまには電話や直接会って話す機会を作ってみてくださいね。

③昔の写真を見る

少し時間があると、何となくSNSをチェックしていませんか?楽しい気分になれる投稿もありますが、落ち込んでいるときに誰かの幸せそうな姿を見ると少し辛くなりますよね。

気分が沈んでいるときは、誰かのSNS投稿よりも自分の昔の写真を見てみましょう。楽しかった記憶がパッとよみがえり、明るい気持ちになれます。

④知らない場所に行く

寂しさを感じたら、どこかへ出かけるのも良い方法です。と言っても、遠くに行く必要はありません。いつも通り過ぎるだけで降りたことのない駅など、近場でも十分なのです。

記事に関するお問い合わせ