無料の会員登録をすると
お気に入りができます

昼は暖かいけど夜は寒くて悩む。気温差がある春のコーデポイントは?

昼は暖かいのに夜は寒い日、春先にはたくさんあってコーデに迷っちゃいますよね。気温差に対応できる春コーデでいつでもちょうどいいスタイルを保ちましょ。羽織りやトップスの使い方が鍵になってくるので、難なく乗り切るための着こなしポイントを解説!

ファッション

朝と夜の気温差に対応できる春コーデのポイントは?

wear.jp

昼は暖かいのに夜は寒くて、春先の服装ってかなり難しい。どちらかに合わせたコーデにすると快適には過ごしにくいので、昼も夜もちょうどいいスタイルができるといいですよね。そんな気温差に対応するために鍵になってくるのは、ずばり羽織りやトップスの使い方!

脱いでも邪魔にならない軽アウターを羽織る

脱いでも邪魔にならない軽めのアウターなら、日中暑いと感じてもさほどかさばらないはず。もうウールの厚手コートはいらないから、軽アウターにシフトチェンジしてみて。軽いのにちゃんと暖かいアウターはたくさんありますよ。

マウンテンパーカー

wear.jp

2019春は、マウンテンパーカーがトレンドに。カジュアルアイテムですが、ベージュやホワイト系を選べばきれいめにも着こなせますよ。軽くて着心地もいいマウンテンパーカーはGETしておいて。

キルティングジャケット

wear.jp

冬からお世話になっていた人も多いであろう、キルティングアウターは”軽くて暖かい”の代名詞的な存在かも。薄いのに暖かいなんていいことしかないですよね。インナーを春っぽくすれば、冬から着ているキルティングアウターも春見えします。

ブルゾン

wear.jp

トレンドに関係なくベーシックでずっと使えるブルゾンは、春には欠かせないアイテムです。コンパクトシルエットのものを選んで、マキシ丈スカートやワイドパンツとコーディネートすると、リラックス感のあるコーディネートになりますよ。

ロング丈カーディガンで3wayな着こなし

ロング丈のカーディガンは暖かいのはもちろんのこと、着こなしの幅も広いので、持っていたらコーデのバリエーションも増えそうです!腰回りのカバーもできて一石二鳥ですね。

wear.jp

まずは定番、普通に羽織って着てみましょう。シュッとした細身なコーデに羽織って抜け感を作ってみて。リブラインの入っているロングカーディガンは、縦長シルエットが強調されてスタイルアップも狙えますよ。

wear.jp

ボタンを留めて、ワンピース風な着こなしにするのもおすすめです。ワイドパンツや広がりのあるスカートにも使いやすいですよ。トップスは薄手のカットソーを選んで、ごわつかないようにすると◎

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ