無料の会員登録をすると
お気に入りができます

『シュウ ウエムラ×メゾン キツネ』コラボの2019夏新作「カモ アイシャドー パレット」と人気のクレンジングオイル限定版をレビュー!

メイク

新色のアンバーブラウン(G)、ベイクドオレンジ(H)はしっとりしたマットで旬なカラー。
Eのピンクがかったベージュはパール入りで肌なじみよく、Fの鮮やかなオレンジは一際目を引きます。

I、J、K、L(下段)

Iのカラーはブラウンでもラメ入りでゴージャスなカラー!Jのイエローもグリッターたっぷりでアイメイクに輝きをプラスしてくれます。
Kマットなベージュや、Lのメタリックなカーキ系グレーはオシャレなニュアンスを生み出せる発色。

メイク方法&使用感

「カモ アイシャドー パレット」のメイク方法は、アーティストブランドならではの楽しみ方が提案されています。

「カモ アイシャドー パレット」はライトカラーからダークカラーへのグラデーションが簡単にできるように考え抜かれた配置。
その日の気分に合わせて、自分の好きなキーカラーを1つ選び、その両サイドの2色を一緒に使うことで、美しい「カモスタイル」のグラデーションが簡単に作れるんです!

縦でも横でも斜めでも、色んなパターンで素敵なグラデーション配色が作れる優秀パレットです。

今回は新色を使ったアイメイク例をご紹介します。

新色アンバーブラウンをキーとしたオレンジアイメイク

新色の「アンバーブラウン(G)」をキーカラーとして、横3つのカラーでグラデーションしたアイメイクがこちら。

①Hをベースカラーとしてアイホール全体に。
②Fを二重幅より少し広めにオン。
③Gを締め色として、アイラインのように上まぶたキワに引きます。
④目尻側3分の2にもFをオン。上まぶたの締め色と繋げるようにして塗ります。

定番のオレンジメイクもトレンド感のあるメイクに。
新色「ベイクドオレンジ(H)」はしっとりマットでアイシャドウの下地にぴったりのカラー。
Fのオレンジも太陽のように輝いて、フレッシュでイキイキとした印象を与えてくれます。

アンバーブラウンをキーに斜めにピックしたオレンジ×カーキアイメイク

同じ「アンバーブラウン(G)」をキーカラーとして、斜めにグラデーションカラーをピックしたアイメイクがこちら。

①Bをアイホール全体に塗り、くすみをオフしてまぶたを明るく。
②Gを目尻側広めに、二重幅にオン。
③Lを上まぶた目のキワと、下まぶた目のキワにアイラインとして引きます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ