無料の会員登録をすると
お気に入りができます

妊娠力がぐ〜んと高まる♡「妊活ヨガ」で授かりやすいカラダ作り

妊活中だが成果が出ない人、将来的に妊娠を考えている人に試してもらいたい「妊活ヨガ」。妊娠しやすい体を作るには、食生活や睡眠の見直しのほか、女性特有の機能を活発にすることが大切です。毎日の生活に妊活ヨガを取り入れて、授かりやすい心と体を目指しましょう。

2019年4月
ビューティ

妊活ヨガで期待できること

そもそもヨガとは、体や心の不調と向き合うことを目的とした運動で、しなやかでエイジレスな体を作ってくれたり、ストレスを緩和する効果があります。特に今回ご紹介する妊活ヨガは、女性機能など基本的な体の不調を改善しつつ、授かりやすい心と体を作ることを目的としています。

産婦人科やスポーツジムでも妊活ヨガを行なっているところはありますが、自宅で気楽に行うことができるプログラムをこれからレクチャーしていきます。毎日のちょっとした空き時間に、ぜひ取り入れてみてください。

spukkato / Getty Images

妊活ヨガで目指す身体的なゴール

・女性ホルモンを分泌させる
女性ホルモンを分泌する視床下部はストレスに弱いので、ストレスリリースが必要。妊活ヨガで、体の緊張と心の緊張を解きほぐして。

・卵子を生み出す卵巣に栄養を運ぶため、血液を体中に巡らす
体を動かすことで卵巣への血流を促し、元気な卵子を生み出しやすい体づくりを目指します。

妊活ヨガで目指す精神的なゴール

・ヨガで自分の体に向き合う中で、女性として変化し続ける体を受け入れて労わる。
・自己肯定感を高め、女性としての自信や輝きを取り戻す。
・妊娠できない自分へのプレッシャーを手放す。

自宅でできる「妊活ヨガ」プログラム

①〜⑨のプログラムは、リラックスポーズで骨盤周辺の筋肉を緩めて緊張を解放→下半身の筋肉をメインとしたエネルギッシュなポーズで血流を促進→再びリラックスポーズで心と体を休ませ、子宮や卵巣へ血流が巡っていく流れになっています。

①横たわった合蹠(がっせき)のポーズ

まずは、深いリラクゼーションへと導くこのポーズで、自分だけの時間へと入っていきましょう。内ももを優しくストレッチしながら、骨盤周辺の筋肉の緊張をゆるめるのに役立ちます。背面で自分の重みを感じ、体への意識を深めていきましょう。

1.

両膝を立てて、マットの上で仰向けになります。

2.

両膝を左右に開き、両足裏を合わせます。骨盤の開きを感じながら、両手は楽なポジションへ解放しましょう。手はバンザイさせると胸が開き、お腹の上に乗せると呼吸を感じられます。息を吐く時に口からハァ〜っと吐くと、胸や肩の緊張が解け、楽になりますよ。膝が浮いて股関節が緊張するかたは、バスタオルなどを膝の下に敷いてください。全身の力みを抜いて、深くゆっくりと、気持ち良い呼吸を5回繰り返します。

②針穴のポーズ

腰痛にも効果的な、お尻の筋肉を伸ばすポーズ。下半身の中でも大きな筋肉の一つであるお尻を寝ながらストレッチできるので、疲れて動けないという日にも有用です。外ももの筋肉も伸ばしてくれるので、外もものハリで悩む方にもおすすめ。

記事に関するお問い合わせ