無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[妊活] これから不妊治療を考えているあなたへ 素朴なQ&A

「不妊治療」といっても、その治療方法は、原因に合わせてさまざまなレベルのものがあります。妊活を考え始めたばかりの人にとっては未知の世界の不妊治療。ここでは不妊治療にまつわる素朴な疑問に浅田先生が答えます。

ライフスタイル

itakayuk/gettyimages

「不妊治療」といっても、その治療方法は、原因に合わせてさまざまなレベルのものがあります。妊活を考え始めたばかりの人にとっては未知の世界の不妊治療。
ここでは不妊治療にまつわる素朴な疑問に浅田先生が答えます。

st.benesse.ne.jp

■浅田義正 先生
浅田レディース名古屋駅前クリニック院長
浅田レディース勝川クリニック院長
医学博士、医療法人浅田レディースクリニック理事長。米国で顕微授精の研究に携わり、1995年、名古屋大学医学部付属病院分院にて、精巣精子を用いたICSI(卵細胞質内精子注入法)による日本初の妊娠例を報告。日本生殖医学会認定生殖医療専門医。
詳しくは、こちらから。

こちらから
関連:ルポ!不妊治療専門クリニックの全貌 ~高度生殖医療の最前線

【Q1】いつから不妊治療を考え始めたらいいですか?

【A】半年程度を目安に。

避妊をせずに定期的にセックスをしていて、女性が35才未満だと半年、35才以上で3カ月たって妊娠しなければ、受診を考えたほうがいいでしょう。1年たっても妊娠しない場合は、不妊症と定義されます。

【Q2】まずはどんな治療からスタートしますか?

【A】タイミング法から始めます。

基本的な検査で異常がなければ、自然妊娠の可能性がありますから、まずは排卵日を予測して、それに合わせてセックスをするという「タイミング法」という治療法から始めていきます。同時に排卵を促す排卵誘発剤を使うことも。

【Q3】すぐに妊娠できますか?

【A】それはだれにもわかりません。

カップルの年齢や、卵子や精子の状態にもよりますし、どんな治療を選択するかにもよるので、それはだれにもわかりません。まずは担当の医師とよく相談を。究極的にはカップルの遺伝子の組み合わせ、バランスの問題になります。

【Q4】治療は痛いですか?

【A】痛みの感覚には個人差が。

「痛い」と感じるかどうかは人によって異なります。クリニックとしては、できるだけ痛みを伴わないように、麻酔を使うなどの配慮をして治療を行っています。心配な場合は、検査や手術の前に医師に相談するといいでしょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ