無料の会員登録をすると
お気に入りができます

目もとをぱっちり見せて印象アップ!千波さん直伝「おでこ&頭皮マッサージ」

美容

目が小さく見えるのは、眼精疲労も関係している!?

目が小さく見えるのは、骨格や目のまわりの肉づき、まぶたの状態(一重や二重)によって左右されることもありますが、生活習慣やクセで、小さく見えてしまうこともあるといいます。

「目のまわりの血行が悪いと、まぶたやおでこが重くなったり、下がったりして、もともと持っている目の大きさよりも、小さく見えてしまうことがあります。目のまわりの血行を妨げる原因は、スマホやパソコンによる眼精疲労、寝不足やストレスなどが考えられます。また、頭を使うことによって頭皮がかたくなってしまうと、目の開きが悪くなることも。目の開きには、頭やおでこの筋肉が関係しているので、この部分をマッサージでほぐしましょう。目をぱっちりさせる効果が期待できますよ」(千波さん)

気がついたときにできる、おでこマッサージ

「今回はメイクをあまりくずしたくないときでも実践できる、おでこマッサージを紹介します。おでこまわりをほぐすだけで顔全体がすっきりして、目もとがぱっちり見えますよ。皮膚をさするのではなく、筋肉を動かすように指を動かすのがポイントです。前回レクチャーした『魔法の顔ほぐし』同様、顔にクリームやオイルを塗って、すべりをよくしてから行ってください」(千波さん)

(1)指の関節を使ってマッサージを行います。親指以外の指を曲げ、第一関節をおでこのまん中にあて、内から外に向かってプラプラと動かしながら、指で円を描いたり、上下にジグザグ動かしたりしておでこ全体をほぐします。使い過ぎて目が疲れると、おでこが重たくなって下がり、これが目を小さく見せる原因に。マッサージで血行をよくし、むくみをすっきりさせましょう。

★ここがポイント!

指はこんな感じに軽く曲げます。指先から第一関節までの部分を使い、一本一本の指を動かしましょう。

(2)親指以外の指を曲げたまま、人さし指、中指でこめかみを挟むようにしてまわし、耳の上の側頭筋をほぐします。指で耳を挟むようにしながら上下に動かしたり、耳を外側に引っ張ったり、グルグル回したりするのも効果的です。疲れがたまり、むくんでいた目もとがはっきりします。

おでこ~耳下~胸鎖乳突筋~鎖骨までさすり、めぐりをアップ!

「魔法の顔ほぐし」で行った、おでこさすりも効果的です。
手のひらを広げて、おでこの中央に当て、スーッとなでるようにしながら、こめかみから耳前を通って、耳下にリンパを流します。手の重さでリンパを流すようにして。おでこ~耳下~胸鎖乳突筋~鎖骨までさすります。これを10回くり返しましょう。

続いては頭皮マッサージの方法をご紹介します。

目がぱっちりする、頭皮マッサージ

目を酷使すると、頭皮もこってくるもの。ブラシを使って頭皮の血行促進を! マッサージ効果が高いとされるパドルブラシなどを使い、頭皮を下から上に向かってブラッシングします。目が疲れているときにこりを感じる側頭部を中心に、頭皮をまんべんなく刺激しましょう。お風呂で温まっているタイミングで頭皮をマッサージしたり、毎日ブラッシングすることも、目もとをぱっちりさせるのに効果的です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ