無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ズボラのままでいいんです♡「捨てるテクニック」で脱・汚部屋!

「よし!片付けるぞ!」と意気込んでいたのに、結局何もできないまま1日が終わってしまった…。そんな経験を何度もした方には、ちょっとずつ捨てていくことの積み重ねがおすすめです。少しずつ頑張って、脱・汚部屋を目指してみませんか?

2019年4月
ライフスタイル

今度こそ部屋をきれいにしたい!

暖かくなってきたら、衣替えのついでにお部屋の整理整頓もしておきたいですよね。しかし物が多過ぎてどこから始めて良いのかわからない、いつも途中で挫折してしまう、とお悩みの方も多いのではないでしょうか?

bymuratdeniz / Getty Images

部屋の片付けを成功させるためのポイントとは、最初に計画を立ててから少しずつ実行すること。整理整頓が苦手だと思っている方でも、コツを押さえればきっと上手くいきますよ。早速そのコツをチェックしてみましょう。

まずは準備から始めましょう♡

具体的な計画を立てておく

ただ漠然と「もう少し綺麗にしたい」と思うだけではゴールが見えず、そのうち整理整頓を続けるのに疲れてしまいます。まず最初に、どれぐらい物を減らしたいのか考えてみましょう。

Westend61 / Getty Images

テーブルの上に何も置かない、キッチンの引き出しに入っている物の量を半分にするなど、できるだけ具体的に決めておくことが大切です。やるべきことが明確になると、途中で挫折することが少なくなりますよ。

買い物を控える

当然ながら、物を1つ捨てて2つ買い足したら逆にお部屋が散らかってしまいます。整理整頓をすると決めたら、物を減らすだけでなく買う量についても注意しなければいけません。

evgenyatamanenko / Getty Images

手持ちの服を着回したり冷蔵庫にある食材を使い切るなど、買い物を控えることは整理整頓だけでなく節約にもつながります。どうしても必要な物を買うときは、まず物を減らして置く場所を確保しておきましょう。

雰囲気作りをする

どうせ整理整頓をするなら、少しでも楽しみたいですよね。できるだけ長くコツコツと続けるには、雰囲気作りも重要なポイントなのです。

Westend61 / Getty Images

例えば好きな音楽を流したり、アロマキャンドルを焚いてみてはいかがでしょう?片付けが終わったらお気に入りのドリンクを飲むなど、ちょっとしたご褒美を用意しておく方法もモチベーションアップに効果がありますよ。

早速片付けを始めてみましょう♡

とにかく毎日続ける!

久しぶりのお休みで外はポカポカ陽気だったら、家にこもって片付けをするのがもったいなく感じられませんか?毎日忙しい中で丸1日予定を空けるのは、かなり大変です。まずは1日5分のプチ掃除から始めてみましょう。

fizkes / Getty Images

疲れていてどうしても無理そうな日は、何か1つ捨てるだけでも構いません。とにかく毎日続けることで片付けを習慣にして、「辛い、面倒くさい」と思わなくなることが最初に達成するべき目標です。

目に見える部分から始めてみて

お部屋が散らかり過ぎて、どこから手を付けて良いのかわからない。そんなときは、まず一番目立つ部分から片付けに取り掛かりましょう。ピンとこなければ、お部屋の写真を撮ってみると良いかもしれません。

KatarzynaBialasiewicz / Getty Images

例えば引き出しの中よりもテーブルの上を先に片付ければ、お部屋が綺麗になったことが実感できますよね。達成感を得やすい場所から始めると、だんだん整理整頓することが楽しくなってくるはずです!

「とりあえず保留」もOK

もう必要のないものでも、状態が良ければ捨てて良いのか悩みますよね。整理整頓をするからといって、何でもかんでも捨てることはありません。一時置き場となる箱を用意して、しばらく時間をおいても良いのです。

Westend61 / Getty Images

半年ぐらい経っても箱から取り出す機会がなければ、処分して後悔する可能性は低いのではないでしょうか?特に大事にしていた物は、少し時間をかけて手放す方が気持ちが楽になりますよ。

「頑張らないこと」がポイント!

お部屋を綺麗にしよう!と気合いを入れると、面倒くさく感じられて先延ばしにしたり途中で嫌になるかもしれません。一番理想的なのは、「気付いたら物が減っていた」という状態にすることなのです。

www.pexels.com

そのために必要なのは、毎日何かを捨てる習慣をつけること。1日で終わらせるよりも疲れにくい上に、大掃除の後またすぐに散らかることがなくなりますよ。ぜひ、ちょっとずつ片付けることから始めてみてください♡

記事に関するお問い合わせ