無料の会員登録をすると
お気に入りができます

美脚に王手!バレエダンサーが教える、内ももすっきりストレッチ

美容

バレエダンサー直伝! 内ももを正しく鍛える方法

まず最初に教えていただくのは、内ももをダイレクトに鍛える方法です。

横向きになって、背すじを伸ばします。上側にある右脚のひざを曲げて、下側にある左脚のうしろに置きましょう。

息を吐きながら、左脚を上げます。高さは必要ありませんので、ただ遠くに伸ばすイメージで上げていきましょう。
しばらくキープしたら息を吸いながら元に戻します。これをほどよくくり返したら、反対側も同様に行っていきましょう(武田さん)

一石二鳥! 内もも&腹筋を鍛えるストレッチ

立った姿勢で足もとはムリに開かず、左足の親指側の側面に右足のかかとをつけ少しクロスするように置いた状態からスタート。
骨盤が前やうしろに倒れないように、まっすぐ背すじを伸ばしましょう。

左脚を軸にして、右足は足首から折るようにななめ前に出してから、左脚へ戻します。このとき、内ももを引き寄せるようにして、軸足に戻しましょう。

軸足に体重がかかりますが、体を上に引き上げて、体重を脚にかけないようにすることで、お腹がぐっと引き締まり、内ももを鍛えながら腹筋も鍛えることができます。

少しリズミカルに行うのがコツです。ほどよくくり返したら、軸足を右脚に換えて、反対側も同様に行いましょう(武田さん)

がっつり鍛え、ほぐしてゆるめる! しなやかな美脚をGET

内ももを鍛えることばかりに注力すると、がっちり固まったたくましい脚になってしまうので、鍛えたあとはほぐして筋肉をゆるめてあげることが大事。しなやかな筋肉を作ることができますよ。

ほぐすときは、横座りの姿勢で行います。横座りすることで、片脚の内ももが上に向き、力を入れすぎることなく、ちょうどいい加減でほぐせます。
ほぐすときには力を入れる必要はなく、さするだけでもかまいません。反対側も同様に行いましょう。

次に、両脚のひざを曲げて内またにしたら、ひざを左右交互に軽く上下させます。体に力をいれず、リラックスした状態で行いましょう(武田さん)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ