無料の会員登録をすると
お気に入りができます

みんなの裏ワザ連載♡「セルフネイルもう失敗しない!」

夏は、明るくて元気なネイルデザインや大胆なデザインを楽しめる季節!でも、ネイルが上手く塗れない!とお悩みの女性も多いのでは?そこで、セルフネイルでも綺麗な仕上がりになるちょっとした「裏ワザ」をお教えいたします。

2015年8月
ネイル

裏ワザ2 「効果を高めるならここまで塗って」

爪の表面だけでなく側面にもベースコートとトップコートを塗るようにしてみましょう。はじっこはポリッシュが剥がれやすいためです。この一手間でネイルが剥がれにくく♡

原因3 「塗る前に瓶を振るのはNG」

マニキュアを塗る前に、カラーを混ぜるために瓶をカチャカチャと上下に振っていませんか。上下に瓶を振ると振動で小さな泡が沢山派生します。この泡が気泡の原因となり、ネイルの見栄えを悪くします。

裏ワザ3 「ネイルはころころ」

マニキュアの瓶は振らずに両手で挟んでコロコロと転がしてから使うのが正しい使い方です。

原因4 「暑い場所だとドロドロに」

温度が高いとマニキュアは粘性が高まりドロドロとしてきます。粘性が高いマニキュアでは、均一に色を塗ることは難しくなります。

裏ワザ4 「冷蔵庫にマニキュア!手に氷水!」

マニキュアの温度が高くなると泡を発生しやすくなります。気温が高いのはもちろん、体温が高くても気泡が発生する可能性があります。

ネイルの見栄えが悪くなる気泡の発生を抑えるため、マニキュアは冷蔵庫で保管するのが理想的です。冷たい水で手を冷やしてから塗るのもオススメ!(ちゃんと乾燥させてから塗ってくださいね)

原因5 「マニキュアが適量でない」

マニキュアの量が多いと塗るときにもたつきます。特に、1回目のマニキュアの量が多過ぎると乾くまでに時間が掛かってしまいます。表面は乾いて膜が張っていても中はまだ液体だったりします。

2度塗りのタイミングを間違えれば、摩擦が加わりマニキュアが剥がれたりヨレたりします。一方、量が少なすぎても問題は発生します。量が少ないと1回で塗り切れずムラが出てしまいます。

記事に関するお問い合わせ