無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[京都旅行]ボリューミーな和定食がお出迎え!カラダを整える美食ランチ。

旅行・おでかけ

1.中国から伝わった精進料理がある。〈萬福寺〉

禅宗の一つ、黄檗宗の〈萬福寺〉で味わえる中国風の精進料理「普茶料理」は、精進と聞いて思い浮かぶ「修行モード」なあっさり味とは全く違う。その違いは軽いカルチャーショックですが、食を修行として大切にする禅の心は一緒。

〈萬福寺〉 お弁当3,000円、コース(2名より要予約)5,000円~(各税別)。

「宗祖の隠元禅師は、中国から来日して、野菜、果物をもたらしたことでも知られます。いんげん豆が、その代表ですね」(山村さん)。食への遊び心と食べごたえのある精進料理。

萬福寺
京都府

萬福寺

2.野菜の持ち味を活かしたボリューム満点の惣菜定食。〈スガマチ食堂〉

信頼のおける農家や自然農法を行う友人から届く野菜が主役の定食は、炊きものなどの主菜に副菜3種、具沢山の味噌汁とボリューム満点。2~3日ごとにメニュー内容が変化。

ひと皿ごとにしっかりとボリュームがあり、食べごたえも抜群!秋には冬瓜や里芋の料理が登場予定。1,100円

野菜と肉団子のトマト煮、かぼちゃとにんじんの揚げ浸しほか。とうもろこしと小松菜とエリンギのお味噌汁など、汁ものにも野菜がたっぷり!

(Hanako1164号掲載/photo : Noriko Yoshimura text : Azusa Shimokawa)

スガマチ食堂
京都府

スガマチ食堂

3.日本庭園をのぞむ、おいしいテラスが出現。〈南禅寺参道 菊水〉

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ