無料の会員登録をすると
お気に入りができます

柔軟性チェックでわかる、現代人がやわらかくするべき部位はココ!

大きく脚を開くことができたり、体を折りたたむように前屈ができたりする「やわらかい体」に憧れている人は多いと思います。でも、体は「やわらかいほどいい」のでしょうか。本当に必要な体のやわらかさについて、プロトレーナーの坂詰真二さんに教えてもらいました。

坂詰 真二

美容

私たちの日常の動きは、すべて「前後」の方向

「たとえば、180°の開脚ができる人を見ると『体がやわらかい』と感じるかもしれませんが、正しく股関節を動かすためには、90°の開脚ができるやわらかさがあれば十分です。というのも、歩く、座る、立ち上がるという私たちの日常の動きの方向はすべて『前後』方向。『左右』の方向のやわらかさは、私たちの日常生活や姿勢にはあまり影響がないんです」(坂詰さん)

それよりも、体の動きに直接影響を与える、『やわらかくしておくべき』部位を知っておいてほしいといいます。それは、どこなのでしょう。

日常の動きに影響し、現代人が縮みがちな部位をやわらかく

「『前後』の動きに関わる、首の前側、胸、お腹、腰、お尻、太ももの裏側、ふくらはぎの7か所です。座りっぱなしの体勢が多い現代人は、どうしても縮みがちな部位ですが、硬いままだと立った状態の姿勢、日常のさまざまな体の動きに影響が出てしまうだけでなく、関節の変形や歩行トラブルの原因にもなってしまいます」(坂詰さん)

そこで、「必要なやわらかさ」がわかるテストを紹介。3つの動きでわかるので、自信がある人もない人も、「体のやわらかさ」に興味がある人は、ぜひチェックしてみてください!

【テスト1】お尻、太ももの裏側、ふくらはぎといった下半身のやわらかさをチェックします。

足を肩幅に開き、つま先を正面に向けて立ちます。肩の正面で腕を伸ばし、手のひらを床に向けます。

CHECK1
両腕を正面に伸ばしたまま、ひざを曲げ切ってしゃがみます。かかとは床につけておきます。

CHECK2

1ができた人は元の姿勢に戻ります。今度は、ひじを伸ばして背中側で両手を組み、同じようにひざを曲げ切ってしゃがみます。

できない…0点/CHECK1ができた…1点/CHECK 2もできた…2点

【テスト2】ひざ立ちになって反る動きで、お腹のやわらかさをチェックします。

ひざ立ちになり、足を肩幅に開きます。腕はかかとに向かってまっすぐ下ろし、足はつま先立ちにしておきます。

CHECK1
お腹を突き出しながら体を後ろに倒していき、左右の指先でそれぞれの足のかかとに触れます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ