無料の会員登録をすると
お気に入りができます

プラス思考出来る人になりたい!負の感情をコントロールする方法

一度マイナスなことを考えはじめるとどんどん悪い方へと考えが向かってしまう…という方も多いのではないでしょうか。誰でも、負のループにはまりたくはないはずです。では、何があっても前向きに笑顔で立ち向かえる人になるためにはどうしたらいいのでしょうか?

2019年4月
ライフスタイル

負の感情とは?

何だかよくわからないけど、モヤモヤしたりクヨクヨしたりしてしまう…負の感情といってパッと思いつくのはこの気持ちではないでしょうか。しかし、このモヤモヤしたものが何かをしっかりと把握することが大切です。

bee32 / Getty Images

負の感情は、「イヤだ・つらい・悲しい・怖い・怒り・嫉妬・虚無感」などが主に当てはまると言われています。今自分は、何に関してモヤモヤしているのか、それをまず知ることで気持ちを落ち着かせることが出来るのです。

負の感情に陥るとどうなるの?

ふとしたことでマイナスな考えに陥ってしまうと、イライラしたり、そのことばかり考えてしまって仕事に集中できなくなってしまうこともあります。また、楽しいはずの趣味や友人との食事なども心から楽しめなくなってしまうのです。

Westend61 / Getty Images

また、自分では普通にしているつもりでも、負の感情がまとわりついている時は、表情も暗く会話中もギスギスした印象を与えてしまいます。なんだか近寄りがたいな…と思わせてしまい、自分も他人も嫌な思いをすることになることもあるのです。

負の感情をコントロールする方法4つ

誰だって、どんな時でも笑顔で元気に過ごしたいはず。悩んだり、考えたりすることは悪いことではないけれど、必要以上に負の感情に支配されてしまうのは、毎日を楽しめなくなってしまう原因になってしまいます。

fizkes / Getty Images

では、そんな負の感情が心に棲みついてしまった時、どのように感情をコントロールすればよいのでしょうか?少しでもプラスに物事を考えられるようになるために、日々心掛けたいことをご紹介します。

1.客観的に自分を見てみる

負の感情に支配される時はどんな時なのかをまず知ることで、気持ちを冷静にできます。緊張して不安な時、苦手な人に何か言われる時、恋人と喧嘩して悲しい時…など、モヤモヤイライラする時は何か理由があると、まずは考えましょう。

Westend61 / Getty Images

冷静に自分を見てみると、「また私、負のスパイラルに陥りそう…」とか「この気持ちは3日ぐらい引きずるけど、必ず消えるから大丈夫!」などと負の感情の始まりから終わりまでを予想することができるようになります。

2.負の感情に陥っている自分を受け入れる

負の感情にあまりいいイメージはないかもしれません。しかし、「私は今、怒っている…」「すごく寂しくて、悲しい…」というような負の気持ちを受け入れてあげることで、その気持ちをため込まないようにできます。

Westend61 / Getty Images

ありのままの負の感情を自分できちんと認めてあげると、気持ちが冷静になってきます。逆に、負の感情をいけないものとして押さえつけてしまうと、ストレスが余計に溜まってしまうので、悩んでいることを悪い事と思わずに認めてあげましょう。

3.負の感情を抱きそうな「物・人・場所」に近づかない

だんだんと負の感情に向き合うようになってくると、どんな時に感情が乱れるのかが分かるようになってくるはず。その気持ちが分かっているならば、はじめから負の感情の原因となりそうな「物・人・場所」に近づかないのが大事です。

RUNSTUDIO / Getty Images

特にそれが人である場合、対人関係や友人関係もあるので近づかないのは難しいかもしれません。しかし、あなたがイヤだなと感じるということは相手が負の感情を発しているから。そういう時は、自分と相手の為にも少しだけ距離を置くように心がけましょう。

4.負の感情からいいことを見つけてみる

負の感情はマイナスな気持ちではありますが、その感情をプラスに考えることを習慣にしてみませんか?「つらいな…」という時は、「つらいのは、良い考えを生み出すため。悩んだだけいい考えが浮かぶはず!」など、とにかく上向きに考えるのです。

plprod / Getty Images

また、いいことだけを書く日記をつけるのもおすすめ。日記は悩み事を書きたくなりますが、前向きな考えを定着させるために、負の感情の中にいても「よかった」と思えることを見つけて書くようにするのです。次第に考え方が変わってくるのを感じます。

目指せプラス思考女子♡

マイナスな考えを持つときは、そのことだけを考えてしまいがち。でも誰だって本当は、いつもにこにこキラキラしている人でいたいはずです。そのために一番大切なのは、「負の感情を持つ自分ときちんと向き合うこと」です。

AntonioGuillem / Getty Images

しかし、マイナス思考からプラス思考になるのは簡単なことではありません。少しずつ負の感情と付き合っていくことで、ポジティブな考えが出来るようになるはず。負の感情をコントロールして、ポジティブ女子を目指していきましょう。

記事に関するお問い合わせ