無料の会員登録をすると
お気に入りができます

淡路島〈Awabi ware〉の食器展が開催中! 現代の暮らしとともにある民藝を知ろう。

Saki Ikuta

旅行・おでかけ

民藝とは、1926年(大正15年)に柳宗悦らによって名付けられた言葉で、職人の手から生み出された日常の生活道具のことであり、それらは美術品に負けない美しさがあると提唱しました。

飾って大事に眺めるものではなく、毎日の生活に用いられる道具であり、今を生きる人々の暮らしの中で使われ続けている道具にこそ用の美が宿る、その有り様も民藝と呼ばれます。

〈Awabi ware展〉は4月7日(日)まで開催。

そんな民藝の姿を理解できる展覧会〈Awabi ware(あわびウェア)展〉が、岡山県瀬戸内市のギャラリー〈御茶屋跡〉で開催中です。

〈Awabi ware〉壺 パープル

会期中は、江戸後期から明治期に栄えた〈珉平焼〉などの器や、〈Awabi ware〉の食器(購入可)を常設展示。また〈Awabi ware〉の岡本純一氏が主催する民藝入門書『ミンゲイサイコウ』も展示されます! その活動内容や民藝のすばらしさにふれることができます。

〈ミンゲイサイコウ〉ののれん。

〈ミンゲイサイコウ〉信楽青竹土瓶。

3月30日(土)は淡路島のパン屋さん〈CHiQ〉も登場。天然酵母パンとビーツのスープセットを〈Awabi ware〉の器で楽しめます(売切次第終了)。

〈Awabi ware〉輪花中深皿黒マット。

展示を行うのは兵庫県淡路島で工房を営む〈Awabi ware〉。「受け継ぐ器」をコンセプトに、子どもたちが大人になったときにも使えるような日用食器をつくっています。

作家の自己表現ではなく、多様化する現代の食生活に合わせて使いやすい定番の器を提案すること。彼らのつくる器には民藝の「用足美」が生かされています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ