無料の会員登録をすると
お気に入りができます

見える…赤い糸がァッ!!男が「運命すぎる…」と感じた瞬間

恋愛・結婚

「これは運命かも?」と感じる出会いが訪れたことはありますか?
男性も出会った女性と運命を感じることがあるみたいですよ。
男性が「運命すぎる」と感じた瞬間4選をご紹介します。

(1)ルックスが理想的

『「笑うとえくぼができて八重歯の子」なんてマニアックな理想の子が現れたらもう運命としか思えない』(31歳/広告)

視覚に刺激を受けやすい男性は、外見が好みの女性に出会うと一目惚れすることがあります。
そして、まさに自分の理想そのものの女性に出会ったとき、男性は運命を感じてしまいます。
こんなに理想的な女性と出会ったのだから、これは運命なのだと思ってしまうのです。

(2)笑いのツボが合う

『感性が一緒ってことに運命感じるね』(27歳/企画)

笑いのツボが合うということは、自分と感覚や価値観が似ている証拠。
一緒にテレビを観ていて、同じところで笑う人だったら、相性の良さを感じてしまうでしょう。

特にいつも周りの人と笑うタイミングが合わない男性なら、笑いのツボが合う女性に出会ったとき、きっと運命を感じてしまうでしょう。

(3)居心地がいい

『テーマパークの並んでる時間も苦じゃなかった彼女は、これ以上の人はいないって思いました』(27歳/美容師)

一緒にいて居心地がいい人が何よりです。
沈黙が気まずかったり、一緒にいることで落ち着かない気分になってしまう人とはできるだけ一緒に過ごしたくないですよね。

たとえ沈黙が続いても、全く気にならないような居心地がいい相手なら、「この人が運命の人では?」と思ってしまうでしょう。

(4)偶然出会うことが多い

『意識してなかった子でも、プライベートで何回も会うとなんかあるなって思うよね』(25歳/IT)

「普段あまり行かないようなお店で知り合いに出会った」という偶然が何度か続けば、「ひょっとして彼女は運命の人なのでは?」と思ってしまうことがあります。

たとえば初めて行くレストラン、普段あまり行かないような場所にあるコンビニなど、偶然行った場所で同じ相手と何度か出会うことになれば、運命を感じてもしかたがないでしょうね。

男性は、理想的と思える人と出会えたら、「運命だ」と思ってしまうようですね。
彼に運命だと思ってもらうには、彼の理想を知ることから始めましょう。
理想に近づくことで、ひょっとしたら「運命の人」と思ってもらえるかもしれません。

(恋愛jp編集部)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ