無料の会員登録をすると
お気に入りができます

富士の絶景でリフレッシュ♡美味しい鮮魚や茶スイーツもペロリな静岡旅!

富士山の絶景スポットと新鮮な海の幸をいただける静岡旅をご紹介します!古くは東西の文化が行き交う要所として栄えたスポットで、心も体もリフレッシュしてみませんか♡

2019年4月
旅行・おでかけ

富士山めぐりとグルメを満喫する静岡旅!

静岡県富士山世界遺産センターにて

静岡は日本が誇る富士山のビュースポットはもちろんのこと、湧き水が出るため酒造が盛んな上、海鮮料理もおいしく、自然を感じながら温泉やグルメも楽しめる注目エリアがたくさんあります。そして、2019年4月〜6月は「静岡デスティネーションキャンペーン」が開催中!この機会だからこそ特別なおもてなしを受けることができますよ。早速チェックしていきましょう。

「静岡デスティネーションキャンペーン」をもっと詳しく♡

▼JR東海道新幹線で静岡着!1日目

①擬似登山を体験!静岡県富士山世界遺産センター

2017年に設立された「静岡県富士山世界遺産センター」は、建築家・坂茂氏によるユニークな建物が目を引きます。日本人のこころの故郷である富士山をより究めるために建てられました。

逆円すいのユニークなフォルムの中は螺旋スロープで、静岡県の特色である「海からの富士登山」を擬似体験するかのように映像を見ながら登ることができます!富士山にまつわる絵画や歴史を紹介している常設展示があり、体験型ミュージアムのつくりで楽しめますよ。

そして最上階の展望ホールでは、絵画のような富士山を眺めることができます。この日はいつもより空が澄んでおり、「こぶ」付きの富士山がはっきりと♡こんなに蒼くそびえ立つ姿を見ることができて思わず歓喜!

「静岡県富士山世界遺産センター」公式ホームページ

②庭園と美術館のあるクレマチスの丘へ

クレマチスの丘は、実際に触れてアートと対話できる「ヴァンジ彫刻庭園美術館」をはじめ、四季折々に開花する「クレマチスガーデン」などが点在しています。すべてを鑑賞しようとすると半日はかかってしまうほど!

こちらは、けやきの森にある日本料理「テッセン」から、静岡デスティネーションキャンペーンの限定ランチメニューです。伊豆の食材をふんだんに使った懐石弁当で、天ぷら・ローストビーフ・お刺身と色々な味が楽しめて大満足♡

「日本料理テッセン」公式ホームページ

クレマチスガーデンには、約250種類が植栽されてシーズンごとに楽しめる庭園となっています。彫刻作品と調和している風景も見所のひとつ。奥にはカフェスペースがあるのも嬉しいですね。

「クレマチスの丘」公式ホームページ

③船上から富士山!駿河湾フェリー

船上から雄大な富士山を一望できる高速フェリーで駿河湾を横断!清水港~土肥港まで優雅に70分の乗船です。客室はキレイで居心地がよく、席でゆったりと富士山を眺めることができますよ。

でもやっぱり富士山の近くに来るとデッキで見たいもの!潮風に吹かれながら、海岸線にせり上がる姿を心に焼き付けました。

船内にはここだけしか食べれない「223(ふじ見)焼き」があります。あんこ・くるみなどが入っている大判焼きを、ぜひ記念にいただきましょう♡

「駿河湾フェリー」公式ホームページ

▼2日目も晴天でスタート!

④清水魚市場で海の幸を堪能

静岡と言えばおいしい海の幸ですよね!年間100万人以上が来場する「清水魚市場 河岸の市」は、仲卸業者が直接販売する施設です。日本全国で採れた魚介類のほか野菜なども販売されています。

舟盛りの刺身定食が有名な「岸家」で早速ランチ!マグロ・生しらす・桜えびと11種類のお刺身が満載のこちらは団体用メニューですが、通常は一人前1944円(税込)でいただけます。お店によって提供している定食や海鮮丼が違うので、食べ比べてみるのも楽しいですね。

「清水魚市場 河岸の市」公式ホームページ

⑤建築家・隈研吾氏による新名所へ

スターバックスや無印良品の家などを手がける建築家・隈研吾氏が建てた、日本平山頂を見渡せる「日本平夢テラス」。木材を組み合わせてデザインされた展望や回廊は、周りの自然に溶け込み有機的な空間です。

平日でしたがたくさんの外国人観光客で賑わっていました!駿河湾越しに富士山が見える360度のパノラマビューは圧巻です。季節のお茶や茶スイーツがいただけるカフェがあるので、歩き疲れたらほっと一息つけますよ。

「日本平夢テラス」公式ホームページ

静岡で心も体もリフレッシュ♡

クレマチスの丘にて

静岡県からしか見ることのできない富士山の絶景スポットがあり、それに関連した建築や文化が堪能できます。駿河湾の海の幸・おいしいお酒・茶スイーツとグルメも盛況!こんこんと湧き出る温泉もあるから、女子旅だけでなく母娘で気兼ねなく訪れてみてはいかがでしょうか。

静岡旅行を予約するならこちら♡
記事に関するお問い合わせ