無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「英語を話したい」を叶える!たった3行の英語日記が簡単♡

英語は聞き取れるけど、話すのは苦手。でも、英語を話せたら…と思っている方♡ 英会話スクールに通う前に出来る事から始めませんか?日々簡単に英語日記を書き始めて英語を使う練習をしましょう!

2015年8月
ライフスタイル

1行目:今日の出来事を簡単に!

1行目には「何をしたか」を簡単に書きます。例えば、買い物の行ったことを書くなら「I went shopping」だけで充分です。この様にI (私は) + went(動詞の過去形)〜のフレーズから書きます。

「I went to work(仕事にいきました)」や「I had lunch(昼食をとりました)」など、「〜しました」の文で動詞の活用に慣れていきます。このフレーズを繰り返し毎日書いてください。

この1文に慣れてくれば、次は(いつ)(どこで)(誰と)を足しながら文を作りましょう。「I went shopping + with my mom(母と) + today(今日)」という感じに、より詳しく英語で表現してみましょう。

2行目:内容を少し詳しく書く

2行目には1行目の内容を補足する文を書きましょう。例えば、(I went shopping) + (I bought a new dress)など買い物に行って何をしたかを更に詳しく書きます。

表現の幅を広げることで、実際に話す時も話しの幅が広がります。「I bought a new dress」(新しいワンピースを買いました)が簡単過ぎるのであれば、この文を更に修飾してみましょう。

girlydrop.com

「I bought a new dress + (which I saw in the magazine)」こうしてどの様なワンピースか“which”などを活用して文を修飾していくのは表現を増やす練習になります。

3行目:最後に感想を(形容詞を活用しよう)

3行目には今日はどんな日だったかの感想を書き完結します。(I went shopping. I bought a new dress) + (I was so happy)など最後は形容詞を活用します。

girlydrop.com

文章の最後には、「楽しい」や「綺麗」など様子を表現出来る形容詞を用いて(the dress was fabulous)のように感想が言える英語を身につけましょう。

いつもniceやgoodしか言えなかったのが、形容詞を沢山使い分けて話せる様になります。

日記が苦手でも大丈夫!

いざ、日記を書くとなると文を書くのが苦手な方もいらっしゃるかと思います。そんな方は質問に毎日答えを返すつもりで書いてみてください。質問を選んで書きやすいものから書いてみましょう。

記事に関するお問い合わせ