無料の会員登録をすると
お気に入りができます

勝負デートはここで!横浜・鎌倉の景色がいい海辺レストラン3軒[イタリアン・フレンチ・カフェダイニング]

旅行・おでかけ

ここぞという時の勝負デートは、オーシャンビューが自慢のロマンティックなレストランへ。横浜・鎌倉のおすすめイタリアン・フレンチ・カフェダイニングをご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

1.〈BastideS〉夕暮れどきのディナータイムは必見。/鎌倉高校前

陽光がふりそそぐテラスから海を一望する、本格フランス料理店。

店主を務めるのは、数々の名店で経験を積んだシニアソムリエの杉本万尋さん。杉本さんの憧れだったという、南仏の海辺のレストランのイメージに合う場所と出会い、2016年秋に夢をかなえた。

ランチコース4,500円から「相模湾からの鮮魚 春キャベツのブレゼ サフランの香り」

「藤沢みやじ豚のロティ 西京味噌のアクセント 春の訪れ」

プロヴァンスの伝統料理をベースにした、相模湾の魚介と鎌倉野菜を使った一品はまるでアートのような美しさ。ランチコース3,000円~、ディナーコース5,000円~。

(Hanako1135号掲載/photo : Miki Hara text : Yukari Akiyama)

BastideS
神奈川県

BastideS

2.〈リストランテ 鎌倉フェリーチェ〉湘南の風景を眺めながらコースで楽しむランチ。/稲村ヶ崎

「誰もがこの風景に歓声を上げるんです」と小曽根幸夫シェフ。2017年1月、大町からここに移転したレストランは、湘南の海と江の島、その向こうに富士山をも望む最高のロケーション。グランドピアノもある優雅な店内は、ハレの日の席にも貸し切りパーティにもぴったりだ。

小曽根シェフ。

小曽根さんは6年かけてイタリア全土を巡り、星付きリストランテの味を習得した人物。鎌倉でも現地の味を再現したいと、イタリアから空輸される肉や野菜と、横須賀の佐島漁港で水揚げされた鮮魚を使って料理する。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ