無料の会員登録をすると
お気に入りができます

アレンジ無限大!「大根」の栄養成分とおいしい食べ方

ヘルシーなイメージがあり、風邪のときに生の大根の汁を飲むなど民間療法にも使われる大根ですが、実際にどんな栄養や効果があるのかわからないという人も多いのではないでしょうか。今回は大根の栄養成分や効果、食べ方や人気のメニューなどをご紹介します。大根を上手に利用して効率よく体に取り入れる方法を知っておきましょう。

大越 郷子

レシピ

低カロリーでヘルシー!「大根」の栄養成分と効果効能

大根はカロリーが低く生で根の部分だと100g中18kcalになります。食物繊維は1.3g含まれているので、デトックス効果も期待できる野菜です。よけいな塩分を排出してくれるカリウムも230mgと豊富に含まれており、ほかにもカルシウムやマグネシウム、ナトリウムにリン、鉄といった栄養素がみられます。

ビタミン類ではビタミンCが11mgと大根の中で最も多く含まれており、以下のようなビタミン類が存在します。根の部分は栄養もあることにはありますが、どちらかというとヘルシーで満腹感が得られデトックスも期待できるという、ダイエットや美容向きの食材です。

ビタミンB1:0.02mg
ビタミンB2:0.01mg
ビタミンB6:0.05mg
ビタミンC:11mg
ナイアシン:0.2mg
葉酸:33μg
パントテン酸:0.11mg

生の葉の部分は根の部分よりも食物繊維が100g中4gと高く、カリウムも400mgであったりするなど総じて根よりも高い栄養価となっています。含まれているビタミン類に関しても根にはなかった栄養素が含まれるなど栄養が豊富です。

カロテン:3900μg
ビタミンE:3.8mg
ビタミンK:270μg
ビタミンB1:0.09mg
ビタミンB2:0.16mg
ナイアシン:0.5mg
ビタミンB6:0.18mg
葉酸:140μg
パントテン酸:0.26mg
ビタミンC:53mg

文部科学省より/五訂増補日本食品標準成分表(本表)

大根の効果効能

大根に含まれている「ジアスターゼ」はデンプン分解酵素なので、デンプンを大根の汁に混ぜると糖にする効果があります。大根が消化にいいといわれているのは、このジアスターゼのデンプン分解効果のためです。体にとり入れると胃液の分泌を促し消化を助けてくれ、胃もたれや胸やけの改善に役立ちます。「大根もち」の甘みも、このジアスターゼのデンプン分解効果によるものです。

大根にはジアスターゼのほかにも「プロテアーゼ」というたんぱく質を分解する消化酵素や、脂肪の分解や燃焼に関係する「リパーゼ」が含まれています。さらに「オキシダーゼ」という成分もたんぱく質や脂肪の消化を助けてくれるので、大根は胃腸の調子をよくするのに最適な食材です。

大根には抗菌作用があるといわれていますが、これは大根の辛み成分である「ラファサチン」が大きく関係しています。ラファサチンは「グルコラファサチン」という物質が酵素により分解されることで作られる物質であり、「イソチオシアネート」の一種です。大根の根っこの1番下の部分は最も辛みが強い部分ですが、このイソチオシアネートが辛みを引き起こしています。

大根の旬の季節と収穫時期。値段が安くなる時期は?

大根は品種改良が進み1年中収穫されるようになりました。昔から栽培されている古い品種も含めるとその種類は相当な数になります。一般的に出回っている大根は「青首大根」と呼ばれるものであり、旬の時期は秋の終わりから冬にかけてです。カレンダーでは12月が最も旬の時期です。

旬の時期は市場に大量に大根が出回ることになり値段が安くなります。旬であってもお盆やお正月など仕事休みの時期に入ると価格が上昇することもあるので、注意が必要です。飲食店では価格が上昇する前に大量購入をして在庫を持つことがあり、その結果スーパーで確保できる量が減少、価格が上昇します。

旬の時期であっても価格が高めだと感じるときは、市場に出回る量が、なんらかの理由で少ないということです。天候によって農家が被害を受けたときも、収穫量が落ちて価格は上昇します。旬の時期は基本的に安くなりますが、できれば天候や行事なども考慮すると安く購入するタイミングを逃さずに済みます。

おいしい大根の選び方&食べ方

葉つき大根の場合は葉を見て元気のあるものを選ぶようにします。しおれておらずハリがあり、緑色のしっかりとしたものを選ぶのが正解です。葉の中心部分を見て芽が育ちすぎていないものを選ぶことも大切なポイントとなります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ