無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[男のホンネ]男性が思う「色っぽい女性」と「下品な女性」の違いって?

恋愛・結婚

同性からみる女性の色っぽさと、男性の思う色っぽさは少し違うはず。
色っぽさにも種類がいくつかあることでしょう。

もしかすると「色っぽさ」と「下品」は紙一重かもしれないですね。
ここでは「男性が思う色っぽい女性と下品な女性の違い」についてみていきましょう。

(1)無駄な露出

『胸元を強調させすぎだと下品だと思う』(26歳/歯科医)

露出をして体で勝負!といった女性も中にはいますよね。
胸に自信がある人は、胸元が大きくあいたトップスを選ぶはず。
また、脚に自信がある人は、ミニスカやショートパンツなどで脚の露出をおしみなくすることでしょう。

しかし、ここで注意したいのが、露出しすぎということ。
あまりにも大胆な露出は下品な人と思われてしまうので気を付けましょう。

(2)笑いかた

『オバちゃんみたいな笑い方だと引く』(30歳/広報)

女性は笑顔が大切。
いつも微笑んでいたり、笑顔な女性はとても魅力的ですよね。
では、笑っていればいいのでしょうか。

そういうわけではありません。
ガハガハと大笑いするような笑いかたは、逆に品がなく見えてしまいます。
笑いかたにも、色っぽさを感じる微笑みはあるので、身に付けるようにしましょう。

(3)言葉遣い

『男の子と話してるのかと思うような言葉遣いは駄目ですね』(28歳/営業)

どんなに綺麗なメイクをしていても、どんなにかわいいコーデできめていても、話し方が下品だと幻滅してしまいます。
外観だけの色っぽさは、いりません。
女性は中身の上品さがとても重要です。

なので、選ぶ言葉も大切です。
綺麗な言葉を使う女性は、自然と上品さを感じますよね。

(4)ボディタッチが多い

『何かと体に触れてくるのってやりすぎな感じですね』(33歳/商社)

ボディタッチは、さりげなさや、つい触れてしまったといった感じがポイント。
滅多に触れる機会がない女性との貴重なボディタッチは、男性もドキドキするはずです。

しかし、べたべたと触るのはNG。
下品さが際立ち、触られるのも嫌がられます。

いかがでしたか?
良かれと思ってしている仕草などが、下品にみられてしまっては意味がないですよね。
自分を客観的にみれるように心がけましょう。

(恋愛jp編集部)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ