無料の会員登録をすると
お気に入りができます

殺風景な壁がお洒落に変身♡「壁掛けアート」のDIYアイデア5選

お気に入りの家具や雑貨を揃えても、何だか寂しく見える。そんな風に感じたら、壁にアートを飾ってみませんか?そこで今回は、お洒落なアートの簡単な作り方をご紹介します。

2019年4月
DIY

壁に飾れるアートが欲しい♡

FollowTheFlow / Getty Images

お部屋をもっとお洒落にしたいと思ったら、壁にアートを飾ってみませんか?手作りすれば、価格も抑えられてお洒落なものが手に入りますよ。早速詳しい作り方をチェックしてみましょう。

①壁紙

クールでかっこいい雰囲気に

creon-diy.jp

中途半端なサイズの壁紙やリメイクシートは小物のDIYにも使えますが、英字新聞と合わせればかっこいい雰囲気のアートになります。ステッカーやステンシルでデコレーションすると、さらにお洒落に見えますよ。

creon-diy.jp

壁紙をフレームに収まるサイズにカットして、切り取った英字新聞を貼りつけましょう。このとき新聞をあえて一度くしゃくしゃに丸めると、ヴィンテージのような質感を出すことができます。

サンプル壁紙をポスターへ大変身!

②段ボール

捨てる前にリメイクしてみて!

Carol Yepes / Getty Images

捨てようと思っている段ボールでも、ひと工夫加えればアート作品に変身します。使用する段ボールはどんな色のものでもOKですが、模様が透ける場合は白い紙などを貼ってからペイントしてくださいね。

幅が約2.5cmの四角い枠になるように段ボールをカットして、スプレーペンキまたはアクリル絵の具で全体を塗ります。乾いたら、残った段ボールの切れ端と接着剤で枠を固定していきましょう。

③土のう袋

プチプラだからチャレンジしやすい♡

creon-diy.jp

土のう袋をペイントしてからステンシルで文字などを入れれば、こなれ感のあるアートが完成します。土のう袋はホームセンターなどで安く買えるので、気軽にチャレンジできますよ。

creon-diy.jp

筆ではなくペイントで黒とグレーのペンキをポンポンと叩き込むと、ちょうどいいムラができて独特の風合いが生まれます。このまま飾ると端がめくれて素敵に見えないので、袋の上下に角材を取り付けてくださいね。

土のう袋を使ってポスター作り

④釘と粘土

粘土でストリングアートにアレンジ!

creon-diy.jp

「ストリングアート」とは、釘に糸を引っ掛けて作った作品のこと。板に釘を打ち込むとテーブルへのダメージや音が気になりますが、粘土を使うこちらの方法なら夜に作業してもOKですよ。

creon-diy.jp

少し厚めに粘土で土台を作り、下書きをした紙を重ねます。この図の通りに釘を打ち込んで、紙を外してから粘土が乾くまで待ちましょう。釘に刺繍糸を引っ掛ければ完成です。

粘土ベースで作る モダンストリングアート

⑤木材

100均ポスターがオリジナル作品に♡

creon-diy.jp

100均のポスターやカレンダーを自分で作ったフレームに飾ってみませんか?オリジナリティが加わり、さらにセンス良く見えますよ。

creon-diy.jp

水性塗料とニスで木材をペイントして、ビスで固定すればベースとなる枠ができあがります。木材を購入したホームセンターでカットしてもらっておけば、意外と簡単に作れます。

100均ポスターの額縁DIY

手作りでも洗練された雰囲気に♡

www.pexels.com

思わず目を引く素敵なアートが壁に掛けてあると、お部屋全体がグッと垢抜けますよ。何か飾りたいなと思ったら、まずは手作りしてみてはいかがでしょうか?

記事に関するお問い合わせ