無料の会員登録をすると
お気に入りができます

少しの意識で印象激変!《後ろ姿》をきれいに見せるための6つのこと

前から見たときの自分ばかりに気をとられ、なかなか気にすることの少ない「後ろ姿」。ですが後ろ姿がきれいに見えるだけでも印象は変わってくるんです。日々気をつけることができる方法を6つご紹介するので、すぐにでも取り入れてみてくださいね!

美容

毎日の意識で激変!後ろ姿がきれいに見える6つの方法

みなさんは自分の後ろ姿を意識したことはありますか?なかなか自分では見ることができない部分が故に、気に留めていなかった人も多いと思います。大人の女性たるもの、正面以外の角度からも「あの人なんだかきれい!」と思わなきゃ♡

後ろ姿がきれいな人ってまず姿勢がいいですよね。そして、姿勢以外の部分にも抜かりがない!私自身、昔は「しゃんとしなさい!」なんて言われてしまうほど猫背で、お世辞にも後ろ姿がきれいだなんて言えなかったわけですが、今ではなんとか「姿勢がいいね」「後ろ姿がきれいだね」と言ってもらえるようになりました…(笑)。

今回はそんな私が実践して「効果があるぞ!」と思った6つの方法をお届けします。今からでもできることばかりなので、ぜひ読みながらトライしてみてくださいね。

即効性抜群!まずは<美しい姿勢>を手に入れて

それではさっそく詳しい方法をご紹介。後ろ姿をきれいにするためには、まず姿勢がなによりも大事!丸まった背中はだらしがないですよね。普段の生活の中で意識できる3つの方法で、美しい姿勢から手に入れてみて。

基本的に背もたれは使わない!

これはきれいな姿勢を保つ上では定番の方法。背もたれに背中をべったりとつけてしまうと、身体が丸くなってしまって「きれいな後ろ姿」とは程遠い印象になってしまします。

椅子には浅く腰掛けて、背もたれと背中の間は最低でもこぶし一つ分あけることで、自然と背筋が伸びますよ。

一時間に一回肩甲骨回し

立っていても座っていても、知らず知らずのうちに肩はまるまってしまいがち。そのため定期的な肩回しはきれいな後ろ姿をキープするのには欠かせない!

丸まった肩を水平に戻すイメージで、10回ほど肩回し。初めは意識しないとできないかもしれませんが、毎日続けることで自然とクセが身につきます。

常にお腹に力を入れてキープ

これはぜひ取り入れてみてほしいのですが、お腹に力を入れるとなぜか姿勢が悪くならないんです!お腹全体を凹ます、というよりも下腹部に力を入れる感覚のほうが近いかも。逆に力を抜くとだらけてしまうので、なるべく入れ続けるようにしてみて。

これは個人差があるかもしれないのですが、私の場合力を入れた状態をキープすることで、姿勢がよくなるだけではなく腹筋も鍛えられました。お腹もぺったんこになって一石二鳥かも。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ