無料の会員登録をすると
お気に入りができます

品格あるコーヒー女子への道♡今さら聞けないコーヒーのこと

コーヒーは世界中でとてもポピュラーな飲み物ですが、エスプレッソ?ラテ?カフェオレ?その違い、ちゃんとわかってオーダーしていますか?今さら聞けないコーヒーのこと、こっそりおさらいしましょう♡

2015年9月
グルメ

コーヒーのこと、ちゃんとわかってる?

「違いがわかる男」や「上質を知る人」でなくても、今やコンビニで手軽に本格コーヒーが飲める時代ですが、焙煎?エスプレッソ?ラテとカフェオレの違い?など、コーヒーのこと、今さら人に聞けないこともたくさん!

品格あるコーヒー女子めざして、コーヒーの基本からコーヒーのちょっとタメになる話までご紹介します。大人の嗜みともいえる、コーヒー。きちんと常識をおさらいして、品格のある女性を目指しましょう♡

コーヒー用語のおさらい

ブラックとアメリカンはわかっても、カタカナだらけのコーヒー用語。その違い、ちゃんとわかってオーダーしていますか?

焙煎

生豆は火で炒って“焙煎(ロースト)する”ことで、香りを放ち、苦味、酸味、甘味等、コーヒー独特の風味が生まれます。焙煎の度合いにより浅煎りから深煎りまであります。

エスプレッソ

深煎りしたコーヒー豆を極細挽きにして、専用の機械で圧力をかけながらすばやく抽出するコーヒー。イタリア生まれのコーヒーで、カフェインも少なく旨みが濃縮された贅沢なコーヒー。小さなカップでいただきます。

カフェラテ、カプチーノ、カフェマキアート

カフェラテは「エスプレッソ+牛乳」、カプチーノは「エスプレッソ+泡立てた牛乳」、カフェマキアートは「エスプレッソ+少量の泡立てた牛乳」ミルクの量と質(泡立て)の違いだけなのです!

カフェ・オ・レ

「ドリップコーヒー+牛乳」濃く入れたコーヒーと熱い牛乳を同じ量、大き目のカップに同時に注いだもの。カフェラテとの違いは、コーヒーがドリップコーヒーだってこと!

アメリカン

浅煎りのコーヒー豆で抽出したコーヒー。色が薄いのでお湯で薄めたコーヒーと思っている方もいるようですが、浅煎りなので色が薄いだけ!アメリカンという名前は日本独自のものなので海外では通じません。

知っておくとかっこいいコーヒー豆の銘柄

コーヒーの味を決めるのは8割がコーヒー豆!でも、どれを買えばいいかわからないという人も多いですよね。「まず何を?」というときにオススメするコーヒー豆の銘柄をご紹介しましょう!

ブラジル

コーヒー大国ブラジルのコーヒー豆。日本で最も多く流通している豆なので、安心感のあるテイスト!バランスのとれた味なので迷ったらこれ!豆のグレードがNo.2~8と格付けされているのでNo.2がおすすめ♡

モカ

日本でも大人気のコーヒー豆。モカにしかない独特の花のような香り、フルーティーな酸味は、優しい気持ちにさせてくれます。いろんな種類がありますが、まずはモカから♡

ブルーマンマウンテン

コーヒーの王様と称される、ご存じNo,1のコーヒー豆。コクがあり、深みのある味わいあるコーヒーです。薫り高く、とても高級感があって"通"なイメージですが、王様だけあって、ちょっとお高いかも…

キリマンジャロ

後味の残らない良質の酸味は、ストレートでもブレンドでも楽しめます。上品な風味が特徴で、自然の恵みを感じるナチュラルテイスト。日本ではブルーマウンテン、モカに次ぐ人気♡

マンデリン

コーヒーの苦味が好きな人の定番!酸味は控えめで、深いコクとほろ苦さのバランスが絶妙。しっかりとした苦味はカフェオレ向き♡

Westend61 / Getty Images

ちょっと自慢できる、コーヒーのマメ知識

コーヒー豆の保存「冷蔵庫」は間違い

豆や粉を冷蔵庫で保存する人いらっしゃいますよね?でも、意外にもこれはNG。コーヒの脱臭作用で冷蔵庫内のにおいがコーヒーに移ってしまいます。最適なのは「冷凍庫」保存して、出したらすぐに使うこと!

軟水で煎れたコーヒーと硬水で煎れたコーヒーの違い

日本の水(水道水を含む)は「軟水」、ヨーロッパ、アメリカの水は「硬水」と言われています。軟水でコーヒーをいれるとまろやかで酸味が出やすく、硬水でいれると、苦みが強調されます。水選びも お好みで♡

「ペーパードリップ」と「ネルドリップ」どちらがおすすめ?

ネル(布製)フィルターでドリップすると舌触りの滑らかなコーヒーになると言われていますが、使い捨てのペーパーに比べてネルの管理はとっても手間がかかります。家庭でのドリップは、まずはペーパードリップから!

究極のアイスコーヒーの煎れ方

深煎り豆を使い、ホットよりコーヒー豆は多めにお湯は少なめに!大きめの氷がたっぷりの器にコーヒーをドリップ。コーヒーがポタポタと氷に直接当たるようにし、急冷するのが最大のポイント♡

やせたい人は、1日3杯のコーヒーを!

コーヒーには脂肪の分解を促進し、分解した脂肪を燃やしやすくするという両方のはたらきがあります。普通のコーヒーで脂肪燃焼効果を狙うのであれば、1日3杯(1杯150ml)くらいを目安に飲むのがgood!

さあ、コーヒーでひとやすみ!

日本でもどんどんコーヒーショップが展開され、おしゃれな名前のコーヒーが次々登場…ポピュラーすぎるがゆえに人には聞けなくて困ってたこと、解決しましたか?さあ、今日から品格あるコーヒー女子デビューです♡

記事に関するお問い合わせ