無料の会員登録をすると
お気に入りができます

やむを得ずメガネの日も安心!真面目&コンサバにならないメイク方法

花粉から瞳をガードしたいときや、目が痛くてコンタクトがつけられないとき。やむを得ない事情で、メガネで過ごさなければいけない日ってありますよね。そんなとき悩むのがメイク方法。ナチュラルすぎると地味女になるし、濃くしすぎるとコンサバに!それっぽく仕上げるいはどうしたらいい?アイメイクからリップメイクまで、ポイントをまとめてみました。

メイク

NOT真面目&コンサバ!メガネの日のメイクのポイントは?

普段はコンタクト…だけど、やむを得ない事情でメガネで過ごさなきゃいけない日ってありますよね?例えば、花粉シーズンに瞳を守りたいとき、お疲れ気味でコンタクトがつけられないとき。

「しょうがないこと」と思いつつ、やっぱり気になるのはメイクをどうしたらいいか?ナチュラルにしすぎるとTHE地味女になっちゃうし、濃すぎるとデキる系コンサバOLの雰囲気に…。完璧とまでは言わないけど、それっぽく仕上げるにはどうしたらいいのか?アイメイクからリップメイクまで、押さえるべき5つのポイントをまとめてみましたよ。

押さえるべき〈5つのポイント〉

①眉毛は〈フレームの形〉に合わせて描く

まずは眉の形。「コレ!」という正解はないけど、基本はフレームと平行がベター。丸みを帯びたラウンド型なら眉も丸く、スクエアなら眉も真っ直ぐ平行に描いていきます。こうすることでアンマッチ感がなくなり、メガネをかけてもナチュラルな表情に仕上がりますよ。

②くぼみ防止!目の下部分に〈ハイライト〉をON

「メガネをかけると目の下がくぼんで見える」という女性もいますよね?そのままだとまるでクマのように見えてしまい、全体的にどんよりと暗いイメージに…。それを防ぐためにも、目の下にはハイライトをON。光を味方につけて肌のトーンを明るくし、どんより見えを回避します。

③チークは〈メガネにかぶらない場所〉にON

血色感を与えるために欠かせないチーク。フレームが当たってしまうとヨレたり落ちたりしてしまうので、メガネにかぶらない場所にON。メガネのすぐ下あたりなら、違和感もなく仕上がりも自然。クリームチークやリキッドチークであれば、万が一フレームが当たったとしてもヨレを最小限に抑えることができますよ。

④アイシャドウは〈NOラメ〉で抜け感を

コンサバに見せないためには、程よい抜け感も大切。ラメ入りのアイシャドウもいいけど、ここはあえてのラメなしで。目頭〜目尻にかけてほんのりとした陰影を作り、こなれ感たっぷりに仕上げます。

メガネの日もまつげは手抜きNG。下がったままだとフレームの存在に負けてしまいぼんやりと見えてしまうので、根元から立ち上げてマスカラもしっかりと塗っていきます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ