無料の会員登録をすると
お気に入りができます

忙しい女性必見!痩せホルモンを増やす「3・3・7睡眠法」

美容

「痩せホルモン」は寝ている間に分泌♡

私たちが寝ている間に分泌している成長ホルモンは、筋肉や骨、肌などの細胞を修復する他、糖をエネルギーに変換したり、中性脂肪を分解したりと痩せホルモンとしての役割も果たしています!

Adam Kuylenstierna / EyeEm / GettyImages

そのため、しっかりと眠るだけで毎日300kcalは消費できることに。1時間ゆっくりジョギングをした時と同じくらいの消費カロリーです!正しい睡眠ができていれば自然と痩せることができるというわけ。

Deagreez / GettyImages

成長ホルモンの主な役割
1.筋肉へ送るアミノ酸の量を増やし、筋肉を強化
2.糖をエネルギーに変える
3. 脂肪細胞中に蓄えられている中性脂肪を分解し、体脂肪減少を促す

痩せホルモンは年々減少・・・

しかし残念なことに、成長ホルモンは年齢と共に分泌量が減るため、放っておくとどんどん代謝が悪く脂肪が溜まりやすい身体になってしまいます。

Michelle Thomas / EyeEm / GettyImages

成長ホルモンを増やせば痩せる!

反対に言えば、睡眠中の成長ホルモンの分泌量を増やせば、カロリー消費が増え、体脂肪も分解される痩せやすい身体になることができます!そこで有効だと注目されているのが「3・3・7睡眠」です。

baona / GettyImages

寝るだけで痩せられるなら万々歳ですね!早速ルールをチェックしていきましょう。

3・3・7睡眠法で痩せ体質に!

1、最初の3時間はまとめて寝る

夜10時~2時がお肌のゴールデンタイムだと言われていたのは、実は昔のライフスタイルに基づいた話。今は、さまざまな研究から寝付いてから最初の3時間に成長ホルモンが多く分泌されることが分かっています。

kertlis / GettyImages

つまり、眠りについてから最初の3時間ぐっすりと眠ることが、ダイエットや美肌にとって大切なことなのです。特に最初の90分は最も多く成長ホルモンが分泌されると言われています!

millann / GettyImages

最初の3時間で良質な睡眠をとるために
・寝る1時間前までに入浴して一度体温を上げる
・部屋の明かり(テレビや携帯画面も)を暗くする
・寝る直前まで携帯電話の明かりを見ない
・快適な温度設定にする

記事に関するお問い合わせ