無料の会員登録をすると
お気に入りができます

無駄なお金を使わないためにどうしたらいい?[節約のための4つのポイント]

子どもの教育費を少しでも貯めておきたい、人生100年時代なんていわれるようになって、長い老後も困らない資金を蓄えたい…だから貯金をしたいのだけれど、なかなかそれができない…ファイナンシャルプランナーの横山光昭さんに「そうは言ってもなかなかできない…」ママのために、節約アドバイスをいただきました。

ライフスタイル

dolgachov/gettyimages

子どもの教育費を少しでも貯めておきたい、人生100年時代なんていわれるようになって、長い老後も困らない資金を蓄えたい…
だから貯金をしたいのだけれど、なかなかそれができない…

口コミサイト『ウィメンズパーク』のママたちはいろいろな工夫をしているようです!
今回はママたちの節約のための工夫をご紹介します。さらに、ファイナンシャルプランナーの横山光昭さんに4つのポイントごとに「そうは言ってもなかなかできない…」ママのために、節約アドバイスをいただきました。

こちらもおすすめ→節約より絶対貯まる! ムダを減らしてお金を増やす、毎日の小さな習慣

【ポイント①】予算を決めて、先取り貯金

貯金ができているママは、計画的にお金の使い道を決めて、貯金額も決めているようです。

1週間の食費として決めた金額しか財布に入れない

私は、1週間の食費の予算を決め、使える分しか財布に入れません。クレジットカードだと使えない方法ですけどね。使い過ぎてしまうなら、現金支払いをおすすめします。

用途ごとに口座を作り、使い分ける

口座は、最低でも、3つ。
1、生活費用(毎月の光熱費や、食費)
2、プール金用(年間出費、臨時出費のプール)
3、貯金用

給料が入ったら、すぐに、それぞれの口座に振り分け。3の口座は、目的以外では、使わない。基本1の口座でやりくり、使い切っても、マイナスにならなれば、OK。残れば、ラッキー。2の口座から、使う時は、よく考えてからにしています。

固定費を減らすことができないか見直す

固定費も、プランなど見直す必要がある時は、見直すことです。

生活費を1000円札で引き出す

給料日前に、予算をあらかじめ設定しておいて、生活費を1回で全部1000円札で引き出して袋分けして使う。現金で買い物していると、かごに入れるのも考えて買うようになりますし、1回の買い物にうちはどれくらい使っているのか?って、1000円札を見てわかるようになります。同じ3000円で、どのくらい買えるのか?ってゲーム感覚で面白いです。

無理な先取り貯金より、まずは、家計の収支の見直しが大事!

毎月の予算を決めて、先取り貯金・上手に家計管理をしているママも多いよう。やっぱり、“先取り貯金”しないと貯まらないのでしょうか?

---(FP横山先生)「予算も先取り貯蓄も大切だと思いますが、やみくもにやってもダメです。自分に合う予算、貯蓄額でやらないと、すぐに挫折してしまいます。予算は、他人の真似をするのではなく、自分がいつもどのくらい使っているのかを把握してから決めましょう。せっかく予算を決めたのに、毎月守れないなら、やる気も出ませんから。
また、先取り貯金は効果的な場合が多いといわれますが、すでに赤字であるとか、毎月の収支がトントンな状態ではじめても意味がありません。先取り貯蓄したお金をすぐに崩して生活費に充てることになってしまいます。それであれば、まず、家計の収支を見直し、先取り貯蓄をして生活費に充てられる金額を減らしても、きちんとやりくりできる状態をつくりましょう。その上での先取り貯蓄は、頑張っているのに貯まらないという結果にはなりませんし、意味のあるものになると思います。
まずは収支、得に支出の内容を見直す基本的な節約をすることが大切、ということです」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ