無料の会員登録をすると
お気に入りができます

4月の「愛情運・仕事運・健康運・金運・行動運」第1位は?全体運をチェックして運気アップ![漢方女神占い]

漢方理論をベースにした漢方女神占いは、自然界にある太陽と月、春夏秋冬と土用を加えた五行のどのタイプに生まれてどんな宿命を持っているか、そして日本独自の季節の移り変わりの中で、人とのつながりや健康養生法を通して生活様式を大切にし、生かされた自分を感じようとするものです。
ここでは、4月の『漢方女神占い』5タイプと10のエレメントの全体運を占います。

村上 百代

占い

何ごとも自信を持って前進する月

4月は、希望に燃える明るい朝のようです。運気が隆盛で、何ごとにも自信を持って進んでいい時です。人生のステージがより高い位置に上がる月ですから、高い目標を掲げて進みましょう。ただし運気やエネルギーは天から与えられているので、欲のある野心は慎んでくださいね。

4月5日から、二十四節気では「清明」(せいめい)。桜も咲いて、草木も芽吹き、新学期が始まりました。新入学、入社式、歓迎会など晴れやかな行事も多く、緊張からストレスを受け、胃腸トラブルを起こしやすい季節です。腸を丈夫にする納豆・みそ・漬けものなどの発酵食品がおすすめ。春は、肝臓を元気にするレバーや、鶏肉、たまご、しいたけ、レモンなどを多めにとりましょう。

4月20日から、「穀雨」(こくう)。穀物をうるおし育てる春雨の降るころです。止血作用もあるヨモギが取れる時期は草もちを食べましょう。チューリップや春牡丹などが咲き、春の土用の時期です。土用の時期は、土木工事をしたり、田畑を耕すと縁起がよくないと考えられていました。

ほかにも引越しや大きな家具を動かす、新しい物ごとを始めるのもNG。私たちもそわそわせずにどっしりと構えて胃腸を整えます。くよくよしてきたらカラオケで歌って発散しましょう。大豆の栄養で若さを保ち、はちみつを多くとり、疲れや乾燥を防ぎましょう。

では、次に『漢方女神占い』10エレメントの4月の「愛情運・仕事運・健康運(ダイエット)・金運・行動運(アクティブ)」の第1位と第2位を発表していきます。

健康運・恋愛運・仕事運の第1位と2位は?

【健康(ダイエット)運】

第1位は「向日葵」
5月5日〜7月19日生まれで、干支が子(ねずみ)寅(とら)辰(たつ)午(うま)申(さる)戌(いぬ)年生まれの人。

周りを明るく元気にしてくれる向日葵の人の4月は、ダイエットに迷いながらも、自分に合った方法にたどり着いて成果が出る月です。世の中にはいろいろなダイエット法があり、それも日々進化していますが、今月見つけた(確信できた)やり方でいいので、飽きることなく続けましょう。面白味はなくても継続は力です。いつもどおり自然体で生活しましょう。

第2位は「薔薇」
4月17日〜5月4日、7月20日〜8月6日、10月20日〜11月6日、1月17日〜2月3日生まれで、干支が子(ねずみ)寅(とら)辰(たつ)午(うま)申(さる)戌(いぬ)年生まれの人。

面倒見のよい奉仕型タイプの薔薇の人の4月は、ダイエット運がよいけれど結果を出せない月です。ジムに通ったり、食事制限をしたりと努力はするのですが、いまいち今月は成果を期待できません。ただ千里の道も一歩からです。あきらめずに努力を続けましょう。貪欲な向上心も必要ですが、あるがままによろこびを感じる精神も大切ですよ。

【愛情運】

第1位は「桜」
2月4日〜4月16日生まれで、干支が子(ねずみ)寅(とら)辰(たつ)午(うま)申(さる)戌(いぬ)年生まれの人。

マイペースで努力家の桜の人の4月は、愛情運が最高の月です。気になる人がいる場合は思いきってデートに誘ってみましょう。告白すると成就します。カップルはお互いのよさを認識できます。家族や友人などの人間関係もよい出会いや関係を持てます。しかし感受性が豊かなの桜の人は誘惑に心が揺れ、ストレスを感じやすくなります。行動する際は直感を信じて、早く決断したほうがよいでしょう。

第2位は「苔玉」
2月4日〜4月16日生まれで、干支が丑(うし)卯(うさぎ)巳(へび)未(ひつじ)酉(とり)亥(いのしし)年生まれの人。

周りを癒し協調性の高い苔玉の人の4月は、愛情運が退却、撤退、逃げる…という暗示が出ています。今月は新しい出会いを求めず、以前から「別れたほうがいいのかも…」「あの人から離れるべき!?」などと考えていた人は今月ならうまくサヨナラすることができます。別れだけでなく、あきらめるという手段もあります。いくら待っても相手は変わりません。自分の中の見栄や意地を見直して、自分の考え方を、きっぱり変えてみましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ