無料の会員登録をすると
お気に入りができます

まさか破水!?もしやの陣痛!?「お産の始まり」であせらない、行動マニュアル

お産はいつ始まるかわからないからこそ、事前の準備が大切。陣痛から始まるパターンが多いですが、それが朝なのか、昼間1人のときなのか、夜中なのかによっても行動のしかたが変わります。また、破水から始まった場合も異なります。どう始まってもあわてないために、やるべきことをチェックしておいて。今回は、産婦人科医の小川隆吉先生に様々なお産の始まり方について、教えていただきました。

ライフスタイル

AntonioGuillem/gettyimages

お産はいつ始まるかわからないからこそ、事前の準備が大切。陣痛から始まるパターンが多いですが、それが朝なのか、昼間1人のときなのか、夜中なのかによっても行動のしかたが変わります。また、破水から始まった場合も異なります。どう始まってもあわてないために、やるべきことをチェックしておいて。今回は、産婦人科医の小川隆吉先生に様々なお産の始まり方について、教えていただきました。

関連:お産の始まりは、陣痛より破水からの方が多い!? 破水したときのNG行動は?

お産入院のタイミングは?

規則的なおなかの張りや破水など、お産の始まりとみられる症状が起きたら、まずは産院に連絡し、指示を仰ぎましょう。

お産の始まるとき、どんな兆候がある?

陣痛から始まったら子宮収縮に伴う規則的なおなかの張りと痛みがあり、前期破水なら羊水が流れ出てくるという症状が見られます。

本格的な陣痛の前に「もうすぐ始まるよ」のサインが現れることも

全員に現れるわけではありませんが、お産の予兆のようなサインが出る場合も。それは、おりものに少量の出血が混じる「おしるし」や陣痛の予行演習のような「前駆陣痛」です。

おしるし

子宮収縮により赤ちゃんを包む卵膜と子宮壁がこすれて起きる少量の出血のことで、茶色やピンクの粘液状のおりものです。

前駆陣痛

陣痛のような痛みや張りが来たものの、途中で痛みが遠のいたり、間隔が不規則、痛みの強さもバラバラなら前駆陣痛です。

お産の始まりから入院までの流れ

1 前駆陣痛・おしるし(不安な場合は産院へ連絡を)
2 規則的な陣痛・前期破水・量の多い出血(産院へ連絡)
3 移動
4 診察・入院

Point1★必ずママ自身が電話

産院への連絡はママ自身が行いましょう。陣痛の間隔や痛みの強さなど、こまかいことを聞かれることも多く、また産院側では声の調子も判断要素にしています。

Point2★交通手段は事前に確保&確認

陣痛や破水の状態での車の運転は絶対にNG。車で行くならパパなど家族の運転か、タクシーを使います。複数のタクシー会社の連絡先を登録しておくと安心です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ