無料の会員登録をすると
お気に入りができます

石原さとみ 愛について考えてみる

エンタメ

「周りの人が進化する姿を見ると、私も好奇心を持ち続けようと努力するし、勉強して知識を得たり、色んな体験を増やしていきたいと思える。自分が自分に飽きないように変わり続ける姿が、逆に友達への刺激になっているならすごく嬉しい。だから多少飽きっぽくても(笑)、好奇心旺盛な性格は自分でも嫌いじゃないんです。

ファッションにしても、イヤリングからネックレス、ベレー帽へとブームがどんどん移り変わっていって、そのたびにファッションやメイクも変化しています。唯一ずっと愛し続けているのはスニーカーかな。最近は髪が明るめで長いから、モード系の黒い服を着ることが増えました。これからもコレと決めつけずに、変わること、受け入れることにポジティブでいられたら」

会ったり話せたりしなくても愛は届いていくはず

ブラックは、私達を大人に底上げして見せてくれるとっておきの色。さらに肌見せでレディな雰囲気に。ワンショルダーニット¥16,000(オープニング セレモニー ブラックレーベル/OPENING CEREMONY)

家族や友達だけではなく、世の中には作品や役柄を通して“女優・石原さとみ”に憧れるファンもたくさんいる。

「直接コミュニケーションをとるのは難しいかもしれないけど、身近な人を励ませているなら、ゆくゆくは応援してくれる人にも愛は届くって信じてます。例えるなら、1滴の水が川になって、海につながっていくのと同じように。こうやってインタビューに答えるときも、読んでくれる人達の前に、まずはその場にいるスタッフさん達に気持ちを届けなきゃと思う。

きっと家族や友達に対する愛情と、応援してくれる人達への愛情の質みたいなものは何ひとつ変わらないですよね。励まして、励まされて。喜びも悲しみも共有できることが愛だと思うので。友情、恋愛みたいに愛には色んな種類があるけれど、根本にあるモノは同じで、傷つきたくないなら傷つけない。愛されたいなら自分からまず愛する。すごくシンプルですよね」

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ