無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今注目の「ジュースクレンズ」の飲み方&3日デトックスの効果を大公開!

こんにちは。ハナコラボの福本敦子です。春になって暖かくなり、ちょっとずつ肌を出す時期になってきました。天気が良くなると体も知らないうちにほぐれて開いてきて、身体のデトックスにはちょうどいい時期。このタイミングを活用して、身体の中のリフレッシュ「ジュースクレンズ」にトライしてみませんか?今回は3日間の「クレンズ・レポート」をお届けします。

福本 敦子 / PR・美容コラムニスト

美容

「ジュースクレンズ」とは?

普段の食事を新鮮なコールドプレストジュースに置き換えて、胃などの消化器官を休めつつフレッシュなコールドプレストジュースに含まれるビタミン、ミネラル、酵素を取り入れ身体をデトックスし、身体の機能を上げること。
「クレンズ」の期間は、初めてやってみる人は半日〜1日から試してみて。慣れている方は3日〜5日がおすすめです。

千駄ヶ谷にある西海岸生まれのコールドプレストジュース専門店〈DAVID OTTO JUICE〉へ

今回トライしたのは千駄ヶ谷にある〈DAVID OTTO JUICE〉。西海岸生まれらしい明るい内装で、店内もクリーンで明るい雰囲気が漂っています。

いつもスタッフさんがニコニコしているのも魅力!わからないことは親切に教えてくれます。内側のヘルシーさもコールドプレストジュースの効果なのかしら…!
■ブランドストーリーはこちらをチェック!davidottojuice.com

davidottojuice.com

自分で「クレンズメニュー」をチョイス

このお店では「クレンズ」の際のジュースを自分でチョイスするのも特徴。1本473mlのジュースを1日3〜4本チョイスします。デービッドのジュースはオーガニックのココナッツを使った甘みのあるジュースも美味しいし、キャロットジュースや1ボトルに1.2~1.5kgの野菜をぎゅっと絞ったグリーンジーニーというメニューが名物なのでそれらをチョイス。

そして、花粉のシーズンで喉がイガイガしていたのでジンジャー入りのジュースもラインナップに入れました!

【DAY1】さっそくスタート!山場があるのは1日目

ジュースの「クレンズ」の前日の夕食から軽めに済ませてだんだん身体を休めておくのがおすすめ。「ジュースクレンズ」は「大変そう」というイメージを持つ人も多いですが、私の体感からするときつく感じるのは1日目の昼〜夜あたりだけ。そのあとは徐々に身体が慣れていきます。

ジュースで身体を冷やしすぎないよう、白湯やノンカフェインのハーブティーを合間に取り入れてみて。昼過ぎから身体全体にだんだん省エネ感が出てきました。個人差はありますが1日目の夕方くらいから眠気やだるさが出てくる人が多いみたいです。私もこの日の夕方くらいから眠くなり、つい昼寝を…。夕方起きてみると頭がすっきりしていて冴え初めている!身体がお休みモードに入ってきている感じがしたのでこの日は早めにベッドへ。

【ポイント】
もし何か噛みたくなったら、慣れるまではクコの実などのドライフルーツをちょっと取り入れるようにしています。ストイックになりすぎずに進めるのがコツ!

【DAY2】朝から身体が軽い!午後あたりから顔がすっきり。肌にも変化が?

朝起きた時からすでに身体がすっきり。食べたい気持ちもそこまで気になりません。朝起きたら白湯とジュースを少しづつ。
ここでちょっとした私的なポイントが。『2日目のジュースの準備は前日に済ませよ。』

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ