無料の会員登録をすると
お気に入りができます

節約にも繋がる!食材のムダを減らす『冷蔵庫管理&収納術』♡

ライフスタイル

冷蔵庫、気付いたらパンパンになってない?

冷蔵庫を『収納場所』と思うとどんどん詰め込んでしまって、把握しきれなくなり、賞味期限切れのものが眠っていたり食べ物を腐らせてしまうという状況になり兼ねません。食材のムダは家計にも大きく関わってきます。

www.pexels.com

冷蔵庫はあくまでも『一時置きの場所』と考え、使い残しやムダが出ないように把握しやすい・見やすい管理をするにはどうすればいいのか。みんなが実践している様々な管理術をご紹介します。

節約にも!みんなの『冷蔵庫管理&収納術』

◎まずは庫内の定位置化から

普段のお部屋の収納も定位置を決める事で散らからない家づくりがしやすいのと同じで、冷蔵庫内もある程度の定位置を決めておくのがオススメ。

各家庭によって常備する物などが違うので、使用する頻度や用途を考えつつ、自分の家に合った置く場所(庫内の何段目かなど)・その収納法を決め、定位置化します。

場所を決めて置けば、常備している物の有無も管理しやすく買い過ぎ防止にも繋がります。「ストック品」「ご飯のお供」「飲み物」「調味料」「賞味期限の早いもの」など、生活に添った項目分けをしてまとめてみましょう。

◎下段はあえて空けておく

定位置を決める際のポイントが下段をあえて空けておくという事。常に空間を空けておくと勿体ない…と感じるかもしれませんが、鍋ごとの保存、頂きもの、ケーキ、作り置きなど、急な大物の保存にも困りません。

空間に余裕が生まれることで、食材の行方不明などもなくなり冷蔵庫内が乱れにくくなります。

◎棚板・トレー・BOXを上手く使う

定位置が決まれば、それをどう保存するかもとても大切。パッと取ってそのまま食卓に出せれば楽な「ご飯のお供」は少し深さのあるBOXに。「賞味期限が近いもの」は、冷蔵庫を空けたらパッと分かるようにトレイに。など使い分けてみましょう。

空間を仕切ることで、自分だけでなく家族も一緒に把握しやすくなり、奥の方の食材に気付かずに眠らせてしまう失敗も簡単に防げます。

記事に関するお問い合わせ