無料の会員登録をすると
お気に入りができます

まぶたの脂肪と疲れ目を撃退!整形級のぱっちり目をつくる顔ヨガ

美容

眼輪筋を鍛えれば、目は開いて、大きく見える!

目を小さく見せる原因は、しっかり開いてない「まぶた」。顔ヨガでとくに効果を発揮するのが、このようにまぶたを開けない目です。

「まぶたも筋肉でできていますから、使っていれば開けるようになります。きちんと動かせるようになると、まぶたそのものが引き締まり、今よりも目が開くように。反対に使わないと、目まわりの筋肉である眼輪筋が弱ってしまいます。たるんで下がってくると、しだいに目もとがぼんやりしてくるので、顔ヨガで動かしてあげましょう」(小林先生)。

また、顔ヨガは、年齢とともにまぶたが垂れ下がってくる「眼瞼下垂(がんけんかすい)」の予防にも効果的なのだとか。

「眼瞼下垂になりやすい人は、目を開け閉めするときにまぶただけではなく、おでこの筋肉を使っているため、まぶたがゆるんでいます。つまり、年齢と共に衰えるまぶたを開く力を、おでこの大きい筋肉に頼っているのです。
試しに目を大きく開けてみてください。おでこはそのままですか? 動きますか?
目を大きく開くと同時におでこが動いてしまう人は、まぶたの力を十分に使えていません。まぶたの筋肉が衰えると目を開きにくくなるので、ますます瞳が小さく見えますよ。また、おでこを使い過ぎると筋肉が緊張して、片頭痛の原因にもなるので、まぶただけを動かせるように顔ヨガをはじめましょう」(小林先生)

まぶたを鍛える「眉上げ」

おでこを動かしてしまいがちな人は、この顔ヨガが効果的。おでこを引っ張る力と、反発するようにまぶたを閉じて、弱りがちなまぶたの筋肉を鍛えます。

1、目を開き、手を上からまわし、眉の下に指を4本引っ掛けます。このとき、眼球は押さないようにして。

2、4本の指を上にすべらせ、おでこを引っ張り上げます。おでこを引っ張り上げると、まぶたも引っ張られ、目が開いてしまいますが、それに負けないようまぶたを閉じます。きっ抗する力で、まぶたがプルプルするのを感じましょう。

3、指を生え際まですべらせたら、ゆっくりと手を放し、同時に目をパッと大きく開きます。<1>~<3>を3セットくり返します。

まぶたで瞳を押す「デカ目プッシュ」

見た目ではわかりにくい顔ヨガですが、そのぶん、人知れず気がついたときに行えます。通勤の電車の中、待ち時間など、こっそり実践してまぶたを鍛えましょう。目が開きやすくなりますよ。

1、目を閉じ、まぶたを引き込むようにします。まぶたで眼球を押し込むイメージです。

2、目をパッと大きく開いて5秒キープ。1と2を3セット行いましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ