無料の会員登録をすると
お気に入りができます

妊娠中~産後に気になるむくみ(浮腫)今すぐできる改善テク&予防法 

むくみは妊娠中期から産後にかけて、多くの人が経験するマイナトラブルのひとつ。大きなおなかを支えるために、とくに下半身がむくみやすくなるのが特徴です。「妊娠中はしかたがないこと」とあきらめないで、まずはむくみの原因を知り、むくみの不快症状を軽減&予防する方法を試してみませんか!?楽になる方法を見つけてみましょう。

ライフスタイル

IK Photoart/gettyimages

むくみとは、体の中に余分な水分がたまっている状態。妊娠中はホルモンの影響で生理的に体に水分をため込みやすくなり、とくにおなかが大きくなる妊娠中期以降、足がむくみやすくなるのが特徴です。妊娠中のむくみは生理的に起こることが多いのですが、妊娠高血圧症候群などのトラブルが原因の場合も。むくみの原因や改善&予防法について、東峯婦人クリニックの松峯寿美先生に聞きました。

関連:ワーキング妊婦のつわりや体調不良 知っておきたい法律や制度、相談窓口

妊娠中に体がむくみやすくなるのは、どうして?

私たちの体は、血液の循環が悪くなると、水分が血管や細胞の外に出てきやすくなります。その余剰な水分がうまく排出されず、体内の組織にたまってしまうのが「むくみ」。妊娠すると、ホルモン分泌や体の循環機能、体形が大きく変化します。こうした生理的な変化がむくみの原因となり、とくにおなかが大きくなる妊娠中期以降、下半身がむくみやすくなります。まずは妊娠中から産後にかけて、むくみやすくなる原因について知っておきましょう。

妊娠を維持するためのホルモンバランスの変化がむくみを呼ぶ

妊娠中にむくみやすくなるのは、ホルモンバランスが変わるのが原因のひとつ。妊娠を維持するために多量に分泌される女性ホルモンのプロゲステロンには、皮下組織に水分をためる働きがあるのです。そのため、足や手の指がむくみやすい状態に。

妊娠中期以降、ぐんぐん大きくなる子宮が大静脈を圧迫します

妊娠後期になると、大きくなった子宮が太もものつけ根にある太い血管を圧迫するため、下半身から心臓に戻る血液の流れが滞って、むくみやすい状態に。とくに、足がむくみやすくなります。

ふくらはぎのポンプ作用が低下するのも一因

妊娠しているかどうかを問わず、重力の影響もあって、下半身はもともとむくみやすいもの。血液は重力によって上から下に流れるため、重力に逆らって心臓へと戻る下半身の静脈血が滞りやすくなるのです。下半身の静脈の血流は、筋肉の収縮の働きで心臓へと戻っていきますが、妊娠中は非妊娠時よりも活動量が減る傾向にあります。そのため、ふくらはぎの筋肉収縮が低下して、むくみやすい傾向にあるのです。

静脈瘤(じょうみゃくりゅう)ができている人はむくみやすくなる

ふくらはぎのポンプ作用が低下して、足がむくみやすい人の場合、静脈瘤を併発しているケースが少なくありません。これは、むくみが静脈瘤を招くという意味ではなく、静脈瘤が出やすい人はむくみやすいということ。つまり、「静脈の弁が弱い人はむくみやすい」といえるでしょう。静脈の弁が弱い人は足のむくみとともに、足のつりも起こしやすい傾向にあります。

体の部位別 むくみの注意ポイントを知っておきましょう

むくみは血行が悪くなるのが原因。手の指、足の指などの末端は血液が心臓に戻りにくくなるため、疲労するとむくみやすくなります。とくに夕方以降は、重力の関係で下半身にむくみが出やすくなりますが、一晩寝て治まるようであれば、それは生理的なむくみなので心配ないでしょう。また、朝、起きぬけなどに、手のむくみやこわばりを感じやすい人もいますが、起床後に体を動かすことで治まるようなら心配いりません。
一方、顔のむくみは病的なむくみと考えられます。もともと腎臓や心臓に病気がある人は要注意。どんな症状が出やすいのか、部位別にチェックしていきましょう。

●顔のむくみ
起きているときは重力の関係で水分が下に流れていくので、顔がむくむことはないでしょう。顔のむくみは病的なむくみと考えられます。もともと心臓や腎臓に持病がある人は要注意。専門医に妊娠経過を見守ってもらう必要があります。
<症状>
・朝起きると、顔がパンパン
・目が腫れぼったい

●足のむくみ
大きな子宮を支えるために、いちばん負担がかかるのが下半身。とくに夕方以降、足のむくみやだるさを感じやすくなり、ふくらはぎ、足の甲、足首、足の指などがむくみやすくなります。また、静脈瘤ができている人はむくみやすい傾向に。立ちっぱなし、座りっぱなしなど、ずっと同じ姿勢で過ごすのも、むくみを悪化させる原因になります。
<症状>
・足が重く、ふくらはぎがパンパン
・足の甲がクリームパンのようにぷっくりする
・靴がきつくて履けない
・ふくらはぎに静脈瘤ができている

●手のむくみ
血流が悪くなると、指先まで行きわたらなくなって、むくみがちに。とくに、朝起きたときにむくんで手が握れなかったり、こわばりを感じる人も。妊娠30週以降には指輪をはずしておくほうがいいでしょう。
<症状>
・起きぬけに手を握ることができない
・指輪が入らなくなる
・グローブをはめたような感じがする

●外陰部の腫(は)れはむくみではなく、静脈瘤です
大きな子宮に圧迫されて外陰部がうっ血し、ぼってりすることがあります。これはむくみではなく、静脈瘤ができていることが原因。腟(ちつ)の壁、小陰唇など、静脈がたくさんある場所は静脈瘤になりやすいのです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ