無料の会員登録をすると
お気に入りができます

使うほどきれいになる♡クエン酸入りバスボムを簡単DIY

インテリア

クエン酸入りがポイント!

バスボムは購入すると500円以上と高額。そんなバスボムもDIYしちゃえばとってもお安く作れます。最近では100均でも材料が手に入るようになりましたね。そんなバスボム、ポイントはクエン酸なんです!

Helmut Feil / GettyImages

バスボムの材料である、重曹とクエン酸。この2つが化学反応を起こして炭酸になります。炭酸が美容にいいことは広く知られていますよね。その他にもクエン酸を使用することで更なる効果が期待できるんです!

身体がきれいになる

肌がすべすべになる

PeopleImages / GettyImages

クエン酸の酸が皮膚の表面の古い角質を溶かしてくれるので、ゴワついた肌もすべすべになります。踵や肘、膝などの角質が気になる場所にも◎ですから、入浴剤にクエン酸を入れることは理にかなっていると言えますね。

代謝がアップする

SolStock / GettyImages

重曹と合わさることで炭酸ガスが発生します。そのガスが身体の毛細血管を刺激し血流が良くなる為に、身体が温まっていきます。結果、代謝アップへと繋がっていくのです。

毛穴の汚れを吸着してくれる

RusN / GettyImages

炭酸ガスで毛穴に詰まった汚れを吸着してくれます。炭酸水洗顔などが美容法でありますが、それは毛穴の汚れを取って美肌にするということなんですね。シャンプー前や洗顔に入浴剤の入ったお湯でやるのがおススメ。

家事もはかどる

浴室のお掃除にも

Ca-ssis / GettyImages

入り終わった後も大活躍します。重曹+クエン酸の混合された水は浴室の湯船についた湯垢、タイルについた水垢などをきれいにすると共に予防までしてくれるんです。残り湯も有効に使えるなんてすごいですよね。

記事に関するお問い合わせ