無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「普段と同じ」が好きな犬。留守番の不安やさみしさを解消するには

犬の留守番中のイタズラや粗相で困っていませんか?その原因のひとつに、大好きな飼い主さんから離れる不安があるようです。なるべくいつもと同じ状況をつくり、留守番の前触れを感じさせないようにして、犬の不安感を少なくしてあげるようにしましょう。

ペット

犬が留守番に慣れていないと、吠えて続けて近所迷惑になったり、家の中のものを噛んでイタズラしたりすることがあります。また、飼い主さんと離れる不安から、自分をなめたり噛んだりすることも。
今回は、こういった留守番中の困りごとを解消する方法をご紹介します。

いつもと同じ環境をつくる

dog.benesse.ne.jp

犬は“いつもと違う”ことに敏感です。飼い主さんの行動や環境の変化で不安を感じやすくなるもの。そこで、できるだけ“いつもと同じ”環境をつくり、不安を少なくしてあげましょう。

部屋の明るさを普段と同じに

普段から昼も照明をつけている場合、外出時に照明を消してしまうと、犬は不安になってしまいます。外出時もいつもと同じように、照明はつけたままにしてあげましょう。

テレビやラジオをつけて

犬は聴覚刺激にも敏感ですので、なるべく音の環境も普段と同じを心掛けましょう。
テレビやラジオをつけていることが多い場合は、留守番中もそのままにしておきます。他の音をカモフラージュする役割にもなりますので、警戒吠えの予防にも◎

普段と同じ場所で

普段からクレートなどのハウスは一定の場所に置くようにし、留守番も同じ場所で行うようにしてください。窓の近くは外を気にして吠えたり、日差しで暑くなったりするので、ハウスは窓から離れた快適な場所に置くとよいでしょう。

留守番の気配をつくらない

dog.benesse.ne.jp

飼い主さんの何気ない行動にも犬は敏感です。そのため、「鍵を持つ」「お化粧をする」などの飼い主さんの行動を、留守番(嫌なこと)が起こる前触れだと学習してしまうことが。

留守番前に、犬がソワソワする原因のひとつに、この前触れがあります。前触れを消してスムーズな外出を心がけましょう。

犬から見えない所で外出の準備をする

別室で外出の準備をする、犬が入ったクレートに布をかけて見えなくするなどの対策をして、犬の前で外出する気配をつくらないようにしましょう。

パターン化を回避する

「外出の準備をしたのに出掛けない」というのも対策のひとつです。そうすることで、「鍵の音」「お化粧」=「外出の前触れ」につながらなくなります。
外出前の行動をパターン化しないように注意してみましょう。

犬の性格に合った外出前の声掛け

外出前に「行ってくるね」など声を掛けることで落ち着く犬もいますが、逆にそれが前触れとなって不安になる犬もいます。それぞれの性格に合わせて声掛けを行うかどうか決めましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ