無料の会員登録をすると
お気に入りができます

覚えておきたいヨガの代表ポーズ「三角のポーズ」をマスターしよう

美容

「ヨガスタジオでのレッスンがちょっと不安」というときは、まず、これらの基本ポーズを押さえておくと安心です。どれもクラスでよく登場するおなじみのアーサナで、ヨガで学ぶべき要素がぎっしりと詰まっています。今回は、モデルでヨガティーチャーの野沢和香さんに「三角のポーズ」を教わります。

ヨガジャーナル日本版編集部

上を向くと首が痛い人は頭の位置を意識。頭は背骨の延長線上におくのが基本

完成ポーズでは頭を上げ、目線を天井へ向けますが、あくまでも首は背骨の延長線上に。首が痛いときは、背骨の延長線上からずれ、無理にひねっていることが多いので確認を。

側屈との違いは「上側だけでなく下側の体側も伸ばせること」

側屈は、体の片側を伸ばすことを意識するのに対し、三角のポーズは両体側を同時に伸ばします。このポーズでは、両体側が平行で、同じ長さをキープできるのが理想。

三角のポーズ

これはNG!
下側が縮む場合は、手をつく位置を高く

photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

教えてくれたのは…野沢和香先生
モデル・ヨガインストラクター。『VERY』(光文社)など、雑誌やCMで活躍。2007年に全米ヨガアライアンスを取得、ヨガ講師としても様々なイベントで活躍、丁寧な指導に多くのヨギから支持を集めている。

全米ヨガアライアンス
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ