無料の会員登録をすると
お気に入りができます

“美肌”は、ストレッチで手に入る!手足の関節の詰まりを改善して色白に

美容

「私、自黒なんです」「色白で生まれたかった」、そんな言葉もよく耳にします。しかし、「みなさんがよく口にする、肌が黒い、白いは生まれつきの差ではありません。ストレッチで関節の詰まりを改善すれば誰だって、色白でうるおいある肌になれます」と話すのは、美容家であり整体エステ「ガイア」を主宰する南雅子先生。そこで今回は、南先生に「美肌」に効果的なストレッチを教えていただきました。

南 雅子

肌の色や状態を左右するのは血液やリンパの流れ

「スキンケアだけをガンバっても、美肌にはなれません。肌の状態を左右するのは、ずばり血液とリンパ。それらがスムーズに流れれば、新陳代謝が活発なり毒素や老廃物は滞りなく排出されます。そうすれば、黒ずみなどはおこらず、美しい肌でいられます」と南先生。

逆に言えば、肌が黒ずんでいるのは、血液やリンパの流れが悪いということ。そして、その流れに深く関わるのが、「関節の詰まり」です。

「血液やリンパがスムーズに流れるためには、筋肉がしなやかに収縮することが大事です。しかし関節が詰まっていると、そこに付随する筋肉の動きはにぶり、血流やリンパの流れも悪くなってしまいます」(南先生)

手や足の動きに関わる関節をほぐすことで、血流促進

関節の中でも美肌に深く関わってくるのが、じつは手や足の関節。顔とは離れた関節ですが、血流の流れに重要な役割を担っています。
「血液は心臓の働きにより全身に送り出されていますが、それだけでは力不足。そこで、サポート役を担うのが足や手の筋肉を動かすことでポンプ作用が働き、血液が心臓に戻り再び送り出されていきます。そのため、足や手の筋肉を十分に動かすことも大切です」(南先生)

ところが、猫背などの悪い姿勢の人は、肩関節や股関節など、手足の動きに関わる関節もゆがんでねじれてしまっています。そのため筋肉の動きが悪く、血液やリンパの流れも停滞。すると、心臓より上の顔に栄養が十分に行き届かず、顔色を黒ずませてしまいます。

美肌のためにも手や足に関わる関節をほぐすことが大切。次の2つのストレッチで、関節の詰まりを改善していきましょう。

<ひじ回し>

ひじをまわすことで、肋骨を上げたり、肩甲骨を下げる動きを行います。腕まわりや背骨の詰まりが解消される、手の動きがスムーズに。猫背の改善にもつながります。

<1>

脚は肩幅より少し広く開き立ちます。両足の指を床から浮かせ、かかと重心になります。
まっすぐな姿勢を意識しやすいように、右手はお腹に添えましょう。

<2>

左手の指で、同側のバストから上に伸びる筋肉(押すとコリっとした感触の筋肉)をみつけ刺激します。

<2>

<1> の体制から左手を、肩→肩甲骨へとスライドさせていきます。左腕は耳をこするようにして上げていき、ひじを天井に向けます。

<3>

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ