無料の会員登録をすると
お気に入りができます

80周年おめでとう♡「トムとジェリー展」開催

旅行・おでかけ

ネコのトムとネズミのジェリーが追いかけっこを繰り返す、不朽の名作アニメーション『トムとジェリー』が誕生して、来年でなんと80年!
それを記念して、松屋銀座にて4月17日~5月6日に「誕生80周年 トムとジェリー展 カートゥーンの天才コンビ ハンナ=バーベラ」が開催されます。

日本初公開となる貴重な原画、初期のセル画や設定資料、当時のキャラクターグッズなど約250点の資料を通して、『トムとジェリー』をはじめとした、ハンナ=バーベラ作品の魅力に迫る展覧会です

展示構成は以下の通り。

第一章 『トムとジェリー』史上最強コンビ誕生:『トムとジェリー』誕生からシリーズ制作の秘話までを、一作目の作品「上には上がある」の設定資料や、セル・セットアップの展示などを中心に紹介。

『トムとジェリー』「やんちゃな生徒」セル・セットアップ

第二章 人気スターの地位を獲得した『トムとジェリー』:アカデミー賞に輝いた「ピアノ・コ ンサート」「武士道はつらい」のラフスケッチや、ストーリーボードなどの展示、映像 を通して作品の魅力に迫ります。

第三章 『トムとジェリー』シリーズの魅力:エピソード、レイアウト、サブキャラクター、タイトルバックを切り口に、資料などを通してその魅力を紐解きます。

『トムとジェリー』「トムさんと悪友」セル・セットアップ

第四章 次世代に受け継がれた『トムとジェリー』:ハンナ=バーベラの意思を引き継いだスパイク氏が、新たな魅力を付け加えて生み出した長編作品や、彼が保有する「スパイクコレクション」を、彼のアニメーターデスクの再現と共に展示。

「スパイクコレクション」より

第五章 テレビ界に進出したハンナ=バーベラ:ハンナ=バーベラが用いた「リミテッド・アニメ ーション」という手法の紹介や、日本でもなじみの深い作品『原始家族フリントストーン』などの貴重な原画やセルシリーズの紹介。

第六章 『トムとジェリー』追いかけっこは永遠に:今も続くトムとジェリーシリーズ「トムとジェ リーショー」の場面設定に関わる資料を展示。また、トムとジェリーがお馴染みの追いかけっこを繰り広げる特別映像もシアターで楽しめます。

さらに、グッズコーナーでは展示会限定のオリジナルグッズや先行販売など、約200アイテムが登場!

ぬいぐるみセット トムとジェリー7334円

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ