無料の会員登録をすると
お気に入りができます

入れたい物がぴったり収まるから使いやすい♡ポーチの作り方5選

バッグの中をすっきりさせてくれるポーチは、いくつあっても困らないぐらい便利ですよね。もっと使いやすくなるように、入れる物の大きさに合わせて手作りしてみませんか?そこで今回は、可愛いだけではなく機能性抜群のポーチの作り方をご紹介します。

2019年4月
DIY

手作りポーチで整理整頓♡

girlydrop.com

入れたい物の大きさに合うポーチがなければ、自分で作ってみませんか?バッグの中がすっきりして、必要な物をスッと取り出せるようになりますよ。早速詳しい作り方をご紹介します。

①あずま袋

持ち歩きやすい持ち手付き!

creon-diy.jp

1枚の布で作れるあずま袋はシンプルで使いやすく、小さく折り畳んでおくことができるのも魅力です。小さめの布で作ればそのまま持ち歩ける化粧ポーチに、大きめサイズならエコバッグとしても使えます。

NYS444 / Getty Images

こちらのレシピでは手ぬぐいで作っていますが、縦横の比率が1:3になるサイズの布なら何でもOKです。仕上げにくるみボタンやブローチなどを飾ると、さらに可愛く見えますよ。

手ぬぐい1枚あれば作れちゃう 簡単あずま袋

②ポケット付きティッシュケース

ポーチとティッシュ入れが1つに!

creon-diy.jp

ポケットが2つあるこちらのポーチなら、ティッシュだけでなく細かいものも入れることもできます。ポーチとティッシュケース両方を持ち歩かなくて済むので、小さめバッグにもきちんと収まりそうですね。

creon-diy.jp

3枚の布を繋ぎ合わせてからレシピ通りに折ると、このような形になります。あとは両端を縫って裏返せば、ティッシュケースのできあがりです。

好きな柄で作る ふた付ポケットティッシュケース

③サニタリーケース

ぴったりサイズでかさばらない♡

creon-diy.jp

生理用品をバッグにそのまま入れるのは気が引けますが、普通のポーチは大き過ぎてかさばりますよね。ぴったりサイズのポーチを作っておけば、かなりの省スペースになりますよ。

creon-diy.jp

繋ぎ合わせた2枚の布をこのような形に折ってから、上下を縫いましょう。表に返して形を整えると、ナプキンが2枚入るポーチになります。

ハンカチみたいなサニタリーポーチ

④がま口ポーチ

コロンとした形が可愛い♡

creon-diy.jp

手のひらサイズのがま口ポーチは、ヘアピンなどの細々したものや小銭を入れるのにぴったりです。がま口は手芸店だけでなく、100均でも手軽にゲットできます。

creon-diy.jp

がま口に合う形の型紙を作り、同じ大きさになるように布をカットしましょう。表布と裏布でキルト芯を挟むようにして縫うと、型崩れしにくくコロンとした可愛い形に仕上がります。

手のひらサイズ がま口ポーチ

⑤バネポーチ

たくさん入れても取り出しやすい♡

creon-diy.jp

化粧品などを多めに持ち歩きたいときは、バネポーチを作ってみてはいかがでしょう?100均にもある「バネ口金」をファスナーの少し下に通しておくと、口がぱかっと開いて中身を取り出しやすくなるんです。

creon-diy.jp

表布の間にファスナーを縫いつけてから、裏布も縫います。コの字型になるように端を縫っておくと、マチ付きのポーチになりますよ。

バネポーチ

使いやすさが魅力!

visoook / Getty Images

普段持ち歩く物がぴったり収まる手作りポーチは、1つあると必ず役立つアイテム!まずは何を入れるか決めてから大きさを調整して作ると、使い勝手の良いものができあがりますよ。ぜひ作ってみてくださいね。

記事に関するお問い合わせ