無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お使いのブラウザは現在サポートされていません。

一部の機能が正しく動作しない、表示が崩れる可能性があります。

より快適にご利用いただくために、ブラウザをアップデートしてください。

辛い時も背中を押してくれる♡勇気のわく6つの名言リスト!

何かやる気を出そうとする時や落ち込んだ気持ちを高めたい時には、過去の賢人や偉人達のメッセージや名言が心に染み渡ることでしょう。その中で特に過去の成功者たちも尊敬して、学びを受けたという吉田松陰の名言に着目してみました。今のあなたの琴線に触れるような名言がきっとあるはずです。

ライフスタイル

力が湧くような言葉が欲しい!

吉田松陰の名言が実はすごく深い

落ち込んでいる時に心にそっと触れるのは、他人の励ましの言葉ではないでしょうか。誰にも言えないような辛い時には、過去の偉人や賢人たちの残してくれたメッセージや名言が心に響くものです。その中でも過去の多くの成功者達が何かを学びに行ったという吉田松陰の言葉は本当に深いものが多いのです。

ではその名言をご紹介していきましょう。

吉田松陰の言葉が深い!

夢なき者に理想なし、 理想なき者に計画なし、 計画なき者に実行なし、実行なき者に成功なし。 故に、夢なき者に成功なし。

夢や目標があっても実現は難しいんじゃないか、と悩んだ時にはこの名言を思い出してください。順序立てて説明しているそこには、隙が全くありませんし、全て納得できるような短い文章で説明されています。成功するためには、なぜまず夢を見ることが大切なのかがわかりますよね。

理想があってそれを実現化するためには、当然計画を立てるということも必要になってきます。計画があるからこそ実行があるということ。その先に成功があります。あなたはどの段階で止まってしまっていますか?

一日一字を記さば 一年にして三百六十字を得、 一夜一時を怠らば、 百歳の間三万六千時を失う。

なぜ短い人生の限りある時間を有効に使うべきなのかということを説いた言葉です。少しの努力が積み重なれば大きな物事になっていきます。同じように怠けてる時間でも積み重なると、とてつもない無駄をしていることになります。どんな地味であることもコツコツと積み重ねていくことで大きな力に変わっていくのです。

大器をつくるには、いそぐべからずこと。

器の大きい人はどんな事態にも動じることはありません。でも動じることがない人は、それだけ多くのキャリアや知識、経験があるということです。1日に一気に成し遂げることは出来なくても、長い時間をかけてコツコツと急がずに着実に進み続けることによって、大きな器は出来上がっていくことです。

大切なのは急いで仕上げていい加減なものを作ることよりも、多少時間がかかっても、あなたの内面を大きな器にすることではないでしょうか。

小人が恥じるのは自分の外面である、君子が恥じるのは自分の内面である。人間たる者、自分への約束をやぶる者がもっともくだらぬ。

あなたが恥じているのは、自分の外面ですか?それとも内面ですか?人間の小さい人には物事の表面的なものしか目が向けられません。でも必要なのは物事の本質ですよね。立派な尊敬されるような君子と呼ばれる人は、自分自身の内面にいつも目を向けています。

記事に関するお問い合わせ